MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  高齢者の見え方・聞こえ方 >  高齢者の聞こえ方 >  3.話し方ひとつで、聞こえ方はこんなに変わる!

3.話し方ひとつで、聞こえ方はこんなに変わる!

 高齢者が聞こえにくい言葉を、どのように話せば聞こえやすくなるのかを考えてみましょう

高齢者との会話音声再生
矢印
話し方をかえた音声再生

このように、話し方を少し変えただけで高齢者には聞きやすくなります。それでは何を注意して話せばいいのでしょうか。

  1. 大声ではなく、少し大きめの声でゆっくり、ハッキリと話す
  2. パ行・タ行・カ行・サ行を明確にハッキリと発声する
  3. 言葉の始まり(立ち上がり)に、しっかりと力を入れて長めに話す
    (母音部分は、過度に大きい声にならないように注意!)
  4. 正面から、相手に口の動きをしっかり見せて話す

それでは、上の4つを意識しながら話した会話を聞いてみましょう。

<例>
通常会話 高齢者にはこう聞こえる 矢印 訓練後会話 高齢者にはこう聞こえる
※ボタンを押すと再生します。

随分と聞き取りやすくなりましたね!

発話訓練協力:株式会社TMJ[ジェロトーク]

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  高齢者の見え方・聞こえ方 >  高齢者の聞こえ方 >  3.話し方ひとつで、聞こえ方はこんなに変わる!