100歳まで、お金に困らない女性になる >  母から、20代の子ども達へ Case1

Case1 息子に貯蓄習慣を

息子:孝(仮名 25歳)

息子は就職して3年目の25歳です。社会人になり立ての頃は、「早く経済的に自立して、一人暮らしを始めたい」と言ってましたが、今は、実家から出ていく気配が全くありません。仲間と頻繁に外食したり、趣味にお金を費やしたりと、お給料はほとんど使い切っているようです。「このままではいけない、でも口出ししたらいやがるかしら・・・」と思い悩んでいましたが、ある日、思い切って話をしてみました。

母さん、今月の食費3万円ね。

ありがとう。孝も就職して3年目ね。今まで聞いたことなかったけど、貯蓄はちゃんとしているの?

ちゃんとはしてないけど、50万円くらいならあるかなぁ・・・。

貯蓄ゼロではないから、少し安心したわ。でも、毎月手取り18万円のうち、食費3万円以外はほとんど全部使っているってことよ。何に使っているの?

そんなに使っている実感ないけどなぁ。ランチやお茶したり、友達と飲みに行ったりとか。あとスマホやゲームに使ったりくらいしかしてないけど・・・。

うちのお父さんなんか、毎月のお小遣い35,000円よ。昼食代も飲み代も、この中からやりくりしているのに。

あーあ、自分もそうなるのかな。だからこそ、20代の今は、自分のためにお金を使いたいんだよ!

自分のために使うって、、、孝は「無駄遣い」が多いんじゃないの?孝も、もう25歳。結婚するのも、子どもを育てるのも、家を買うのもお金がいるのよ。無駄遣いをやめて、将来のためにもう少し貯蓄した方がいいんじゃない。

母さんの言っていることは、よく分かるんだけどね。でも、ついつい使っちゃうんだよね。

手元にお金があると、無駄遣いするから、毎月強制的に貯蓄に回す方法が効果的ね。

友達から聞いたんだけど、貯蓄型保険というのがあるみたいよ。銀行口座振替で毎月保険料を支払うから、自然とお金がたまるのよ。孝にぴったりかもしれないわね。

貯蓄型保険?

そうよ。でも母さんも詳しいことは分からないんで、保険会社からパンフレットを取り寄せて調べてみたら。

そうだね!早速パンフレットを取り寄せて調べてみるよ。

母から
息子へ
息子に貯蓄習慣を身につけさせましょう!
*明治安田生命が運営するサイトに移行します。

100歳まで、お金に困らない女性になる >  母から、20代の子ども達へ Case1