あなたは大丈夫?将来の備え  >  外貨建保険でリスクを抑えた運用

外貨建保険でリスクを抑えた運用

外貨建保険でリスクを抑えた運用

「できればお金を少しでも増やしたい」

多くの方が「できればお金を少しでも増やしたい」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか?しかし、何らかのリスクを取らないとリターンも期待できません。「そうはいっても高いリスクは取りたくない」という方に、比較的リスクを抑えた「外貨建保険」をご紹介します。

詳しくはこちら
資料請求はこちら

この生命保険は為替レートの変動により、お受け取りになる円換算後の保険金額や解約返戻金額などが、お払い込みいただいた一時払保険料やご契約時における円換算後の保険金額を下回り、損失が生じる恐れがあります。ご検討いただく際には、「商品パンフレット」、「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご確認ください。

詳しくはこちら

資料請求はこちら

この生命保険は為替レートの変動により、お受け取りになる円換算後の保険金額や解約返戻金額などが、お払い込みいただいた一時払保険料やご契約時における円換算後の保険金額を下回り、損失が生じる恐れがあります。ご検討いただく際には、「商品パンフレット」、「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご確認ください。

*明治安田生命が運営するサイトに移行します。

外貨建保険のしくみ

外貨建保険は、保険金のお支払いやお預かりした責任準備金の運用等を外貨建てで行なう生命保険のことで、主に活用されている通貨は米ドルや豪ドルです。
海外の通貨はいろいろありますが、その中でも米ドルは世界の基軸通貨として世界一の流通量を誇り、国力を背景に価値が安定しているため、投資対象としても人気があります。
商品にもよりますが、保険そのもののしくみは円建てで加入する保険と大きな違いはなく、保険料を支払うことで、被保険者が死亡したときや満期を迎えたときに保険金を受け取れるしくみとなっています。

海外の高い金利で資産形成できることが外貨建保険の魅力ですが、円建ての保険と大きく異なる点は、外貨で運用されるため為替の影響を受けるという点です。

<保険料支払時>

一時払保険料300万円を支払う場合

加入時の米ドル建て保険金

1米ドル=100円のときに契約

300万円÷100円=3万米ドル

仮に1米ドル=90円のときに契約したら、

300万円÷90円=3.3万米ドル

また、1米ドル=110円のときに契約したら、

300万円÷110円=2.7万米ドル

米ドル建の保険金額は、円高のときに契約すると大きくなり、円安のときに契約すると小さくなります。

  • ※為替手数料は考慮していません。

<保険金受取時>

満期保険金3万米ドルを円で受け取る場合

満期時の円建て受取金額

1米ドル=100円のときに受け取り

3万米ドル×100円=300万円

仮に1米ドル=90円のときに受け取ったら、

3万米ドル×90円=270万円

また、1米ドル=110円のときに受け取ったら、

3万米ドル×110円=330万円

円での受取金額は、円高のときに受け取ると少なくなり、円安のときに受け取ると大きくなります。

  • ※為替手数料は考慮していません。

もう1つ忘れてはならないのが契約時に日本円を外貨に換金したり、保険金受取時に外貨から日本円に換金するための為替手数料が必要になることです。さらに、途中解約には解約手数料が必要な保険商品もあるので注意が必要です。このように、外貨建保険は外貨で運用することから、特有のメリットとデメリットがあり、これらを比較検討することが重要です。

メリット

  • 1.円建て保険と比較し相対的に高い利回りでの運用が可能
  • 2.保険金等を円で受け取る場合、契約時より為替相場が円安になれば利益を得られる可能性がある
  • 3.資産を異なった通貨に分散投資できる

デメリット

  • 1.外貨への換金や途中解約などのときに費用がかかる場合がある
  • 2.保険金等を円で受け取る場合、契約時より為替相場が円高になれば、損失が発生する可能性がある
  • 3.短期的な運用には向かない

生命保険会社が取り扱う「外貨建保険商品」には、養老保険や終身保険などがありますが、商品の特徴はさまざまです。例えば、保険金等の受け取りは、米ドル・円いずれかを選択することができたり、養老保険の満期を迎えた後も最長10年間すえ置くことができたりする商品もあります。また、契約者向け専用サイトから現在の受取額を確認できるサービスを提供している会社もあるので検討材料にするのも良いかもしれません。

詳しくはこちら
資料請求はこちら

この生命保険は為替レートの変動により、お受け取りになる円換算後の保険金額や解約返戻金額などが、お払い込みいただいた一時払保険料やご契約時における円換算後の保険金額を下回り、損失が生じる恐れがあります。ご検討いただく際には、「商品パンフレット」、「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご確認ください。

詳しくはこちら
資料請求はこちら

この生命保険は為替レートの変動により、お受け取りになる円換算後の保険金額や解約返戻金額などが、お払い込みいただいた一時払保険料やご契約時における円換算後の保険金額を下回り、損失が生じる恐れがあります。ご検討いただく際には、「商品パンフレット」、「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご確認ください。

*明治安田生命が運営するサイトに移行します。

為替レートの動きを見ながら受取方法を選択する

外貨として最もなじみのある米ドル・円の15年間の為替レートの動きを見てみましょう。かつては1米ドル=80円を下回るようなドル安(円高)の時期もありましたが、それは一時的であり、相場は常に変動しています。これはドル高(円安)についても同じことが言えます。

もし、満期時や保険金の受取時に為替相場が思わぬ円高になっていたとしても、すぐに受取額を使う予定がない場合は、外貨で受け取り、しばらく為替相場の反転を待つという方法もあります。
しかしながら、必ず円安に反転するという保障はなく、そのリスクは契約者自身が負うこととなります。

米ドル・円相場の推移

▼画像はタップで拡大できます。

  • 出典:総務省「第66回 日本統計年鑑 平成29年」

今回紹介したのは、外貨建保険のしくみのごく一部に過ぎません。また、その内容は保険会社によって異なります。保険会社各社はいま、外貨建保険に注力しているので、様々なしくみの商品が発売されています。外貨建保険を活用した資産形成を検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら
資料請求はこちら

この生命保険は為替レートの変動により、お受け取りになる円換算後の保険金額や解約返戻金額などが、お払い込みいただいた一時払保険料やご契約時における円換算後の保険金額を下回り、損失が生じる恐れがあります。ご検討いただく際には、「商品パンフレット」、「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご確認ください。

詳しくはこちら
資料請求はこちら

この生命保険は為替レートの変動により、お受け取りになる円換算後の保険金額や解約返戻金額などが、お払い込みいただいた一時払保険料やご契約時における円換算後の保険金額を下回り、損失が生じる恐れがあります。ご検討いただく際には、「商品パンフレット」、「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご確認ください。

*明治安田生命が運営するサイトに移行します。

<執筆者プロフィール>

南部 善行/なんぶ よしゆき

宅地建物取引士/1級ファイナンシャル・プランニング技能士。
地方銀行に入行し、長年にわたり地域に密着した経済活動を支援。
支店勤務では営業統括部門の責任者として経験を積む。
資産運用、税務、財務など幅広い分野の経験、知識を活かし、
現在は富裕層を対象に資産運用、コンサルティング業務を行う専門部署で活躍。
その他、豊富な実務経験を活かし現在はフリーのライターとして活動し、
不動産、相続対策など、関連分野においては多くの原稿を執筆。

あなたは大丈夫?将来の備え  >  外貨建保険でリスクを抑えた運用