MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  心を開く回想法 >  6.すぐに役立つ回想法ツール >  昭和から平成へ-新天皇誕生-(1989(平成元年)年2月1日公開)

昭和から平成へ-新天皇誕生-
(1989(平成元年)年2月1日公開)

昭和から平成へ-新天皇誕生-

(C)2019中日映画社

 天皇陛下は、昭和64年1月7日午前6時33分十二指腸ガンで崩御されました。宮内庁と首相官邸で、同時発表する藤森宮内庁長官と小渕官房長官。昨年9月19日に吐血されて以来、体内出血とご高齢による衰弱のため絶対安静状態が続き、侍医団の大量輸血による治療も及びませんでした。

 皇居では1月7日新しい天皇陛下の即位式が行なわれました。皇室の伝統に従い、「剣璽(けんじ)等継承の儀」が国事行為として行なわれ、宝剣と曲玉などが新天皇陛下に伝達されました。
 戦争、敗戦、占領につづく繁栄等、その在位62年87歳のご生涯は、波乱に富んだ激動の時代でした。皇居坂下門に設けられた記帳所には、天皇陛下のご冥福を祈る弔問の列が続き、記帳に訪れる人で終日こみあいました。

 また政府は、首相官邸で臨時閣議を開き、「昭和」に代わる新年号を「平成」と決め、1月8日から施行されることになりました。
 記者団に発表する小渕官房長官。1月9日新しい天皇陛下が、即位後初めて国民の代表者とお会いになる「即位朝見の儀」が皇居宮殿「松の間」で国の儀式として行なわれました。儀式には、竹下首相ら243人が出席しました。

 新天皇陛下は、「皆さんと共に日本国憲法を守りこれに従って責任を果たすことを誓い、国運の一層の進展と世界の平和、人類の福祉の増進を切に希望してやみません。」と述べられました。新元号「平成」と共に新しい時代が動き出したようです。

回想のヒント

  • 新元号は「令和」になりました。「平成」の時代を振り返って、どんなことが思い出されますか?あなたの「平成」の思い出について語り合いましょう。
  • 「平成」の時代には皇太子様と雅子様のご成婚やサッカーの国際試合で日本代表の躍進など、大きな出来事がありました。他にもどんな出来事がありましたか?
  • 小渕官房長官が額を掲げた「平成」と書かれた文字が印象的でした。いろいろな儀式が行なわれていましたが、どのように思いましたか?皇居が映っていましたね。皇居には行かれたことはありますか?
公開終了

※注意事項※
日付に関する記載は動画公開当時のものです。
「中日ニュース」映像の著作権は、すべて株式会社中日映画社が保持しております。
映像を許可なくダウンロード等で違法に入手し、二次利用すると法的に罰せられます。

著作権法:119条第一項「著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者に対し、10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」

また、MY介護の広場会員でメールマガジンを受信設定している方は、特別無料お試しキャンペーン専用の応募フォームからお申込みいただくと、30日間無料でご利用いただけます。応募フォームへのリンクはメールマガジン会員特典ページ内にございます。ぜひ、2,000本以上の動画をお楽しみください!

ログイン 無料会員登録

高齢者のためのレクリエーションで知っておきたいことは?

MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  心を開く回想法 >  6.すぐに役立つ回想法ツール >  昭和から平成へ-新天皇誕生-(1989(平成元年)年2月1日公開)