MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護予防と健康維持 >  防ごう!ロコモティブシンドローム >  7.Q&Aで知ろう②「ロコモを放っておくと?」

7.Q&Aで知ろう②「ロコモを放っておくと?」

監修:佐々木 信之
(佐々木整形外科麻酔科クリニック院長
・ロコモアドバイスドクター)

Q ロコモを放っておくと?

A 要介護や寝たきりになる可能性が高くなります。

 歩く、立つなどの生活に欠かせない動作は、運動器の機能が全て連動していて、一つ機能が低下しただけでもその影響は複数におよびます。

 ロコモの始まりは、ちょっと不便、ちょっと動かしにくい、転びそうになりやすい、そんな、誰にでも起きそうな違和感から。
 大きな支障を感じないことから見逃しがちですが、気付かないうちに進行していきます。

 ロコモの症状が進行すると、日常の簡単な動作にも痛みや支障が伴い、やがて支援や介護が欠かせない状態になってしまいます。

厚生労働省「国民生活基礎調査2019 第15表 現在の要介護度別にみた介護が必要となった主な原因の構成割合」より

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護予防と健康維持 >  防ごう!ロコモティブシンドローム >  7.Q&Aで知ろう②「ロコモを放っておくと?」