MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  お年寄りのためのお茶選び >  食後にさっぱり「番茶」

食後にさっぱり「番茶」

番茶

 「番茶梅干し医者いらず」という言葉があるのをご存じですか?
 風邪の初期には、梅干しを入れた番茶を飲んで寝る、という地方がまだあります。

 梅干しは網にのせて焼き、それに熱い番茶を注ぎます。梅干しはつぶして飲んでも、最後に食べても好み次第。食欲がないときにもおすすめのお茶です。

材料(1人分)

番茶...5g

梅干し...1個

ワンポイント・アドバイス

 煎茶を作るときに出るヨリの粗い茶葉、または葉が硬くなってから摘み取った茶葉、摘み残りの茶葉などから作られたお茶で、煎茶と同じ製法で作られます。

 地域によっては、ほうじ茶のことを番茶と呼ぶ場合もあります。下級のお茶の代名詞のように使われますが、はっきりした味で、後味がさっぱりしています。フッ素が多く、虫歯や口臭予防にもなります。

他の「お年寄りのためのお茶選び」を見る

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  お年寄りのためのお茶選び >  食後にさっぱり「番茶」