MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  献立 No.15 里芋とツナのグラタン

献立 No.15 里芋とツナのグラタン

里芋とツナのグラタン

 寒くなってきたらぜひ作りたいグラタンです。

材 料(4人分)

里芋...8個

ほうれん草...1/2束

ツナ(缶詰・大)...1缶

玉ネギ...1/2個

チーズ(とろけるタイプ)...100g

バター...10g

塩、こしょう...少々

【ホワイトソース】

小麦粉...大さじ3杯

バター...30g

牛乳...300cc

ブイヨンキューブ...1/2個

準備するもの

直径23cmの耐熱皿

下準備

1.

里芋は、たわしでよく洗っておきます。

2.

小麦粉は、茶漉しなどでふるっておきます。

3.

ツナは、油をきっておきます。

作り方

1.

里芋は皮をむき、茹でこぼします(鍋に水と里芋を入れ火にかけ、沸騰してきたらザルに上げます)。再び、水から火にかけ、柔らかくなるまで茹で、1cm厚さに切ります。

作り方1

2.

ほうれん草は茹でて、3cm幅に切ります。

作り方2

3.

ホワイトソースを作ります。バターは電子レンジにかけて溶かし、小麦粉を加え混ぜます。もう一度電子レンジにかけ、全体がブクブクと沸騰してきたら一度混ぜ、さらに20~30秒ほどかけます。牛乳の50ccを加え、よく混ぜます。鍋にうつし、残りの牛乳と砕いたブイヨンを加え、火にかけます。弱火でとろみがつくまで煮詰めます。塩、こしょう少々加えます。

作り方3

4.

の里芋、のほうれん草をホワイトソースにからめて、グラタン皿に移します。

作り方4

5.

玉ネギをみじん切りにしてツナと混ぜます。塩、こしょうをして味を調え、の上にのせます。チーズとちぎったバターをのせてあらかじめ熱したオーブン230~250℃で約15分焼きます。

作り方5

レシピ・プラス・ワン

1.

里芋は食べづらければさらに小さく切るか、つぶします。

2.

ほうれん草はお年寄りには柔らかい葉の部分を使うとよいでしょう。

3.

小麦粉とバターを電子レンジにかけるときは様子をみながらかけてください。ラップをかける必要はありません。約30秒で泡立った状態になります。ここでもう一度かき混ぜてさらにレンジにかけます。

4.

里芋には塩分を排出させるカリウムが豊富に含まれています。高血圧の予防に役立ちます。

5.

カルシウムは吸収されづらいといわれていますが、牛乳に含まれるカルシウムは吸収率が高いのが特徴です。

しにあレシピトップページへ戻る

料理のカテゴリからレシピを探す

食材からレシピを探す

テーマからレシピを探すnew

全レシピ一覧から探す

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  献立 No.15 里芋とツナのグラタン