MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  献立 No.46 豚ばら肉の梅酒煮 枝豆と切り昆布の炊き込みおこわ

献立 No.46 豚ばら肉の梅酒煮 枝豆と切り昆布の炊き込みおこわ

豚ばら肉の梅酒煮

<お祝いの日のメニュー>
 お誕生日などのお祝いの日や、家族が集まる記念日、そんなときにはいつもより華やかなお料理を用意したいものです。特別といっても、むずかしいものを作るわけではありません。盛り付けを工夫したり、いつもより少しだけ手間をかけることでワンランク上の料理に変身させて、華やかな食卓にしましょう。

 以下の中から選んでください。

豚ばら肉の梅酒煮

 ほのかな梅酒の香りが楽しめる一品です。下茹でに少し時間がかかりますが、前日に茹でておくとよいでしょう。あとは簡単に作れます。

豚ばら肉の梅酒煮

材 料(4人分)

豚ばら肉(ブロック)...500g

長ネギ、しょうが...少々

梅酒...1カップ

しょうゆ...大さじ1杯

さやいんげん...100g

下準備(前日にすること)

1.

鍋に水、豚肉を入れ、火にかけます。

2.

沸騰したら肉を取りだし、湯を捨てます。新たに豚肉、水、長ネギ、しょうがを入れ茹でます。

3.

沸騰したらアクをとり、中火で1時間~1時間半程度茹でます。そのまま冷まします。当日仕上げるときや、気温の高い季節は氷水にあてて冷やします。翌日使う場合は冷蔵庫に入れておきます。

作り方

1.

上に固まった油を取り除き、肉と、茹で汁に漉して分けます。肉は食べやすい大きさに切ります。

作り方1

2.

肉が重ならない程度の大きさの鍋に梅酒を入れ、中火にかけ、半量程度まで煮詰めます。鍋の中の梅酒に火が入った場合はガス台の火を止めてそのままアルコールがとぶまで待ちます。

作り方2

3.

肉を入れ、肉がかぶる程度の茹で汁を加えます。落としぶたをして弱火で30分程煮ます。煮汁が約半量になればしょうゆを加え、味を含ませて仕上げます。

作り方3

4.

さやいんげんは、すじを取り、熱湯で色よく茹でて、肉に添えます。

作り方4

レシピ・プラス・ワン

1.

梅酒の種類によって味が変わってきます。しょうゆを加える前に味をみて甘みが足りなければ砂糖を足してください。

2.

ばら肉を選ぶときは肉と脂の層が均等になっているものがやわらかくおいしく仕上がります。

枝豆と切り昆布の炊き込みおこわ

 もち米とうるち米を半量ずつ合わせた食べやすいおこわです。

枝豆と切り昆布の炊き込みおこわ

材 料(約4人分)

もち米...1合

うるち米...1合

切り昆布...10g

ニンジン...30g

干ししいたけ...2枚

干し貝柱...15g

枝豆(さや付き)...100g

水...150cc

【調味料】

しょうゆ...大さじ1杯

酒...大さじ1杯

サラダ油...大さじ1杯

下準備

1.

米は合わせてからとぎ、30分程度ザルにあげておきます。

2.

干ししいたけと干し貝柱はそれぞれ100~150cc程度の水で戻します。戻し汁は合わせて180ccにしておきます(戻し汁【a】)。

作り方

1.

戻した干ししいたけは5mm角に切ります。貝柱はほぐします。

作り方1

2.

切り昆布は適当な長さにはさみで切り、水でさっと洗います。ニンジンはいちょう切りにします。

作り方2

3.

準備した米、しいたけ、貝柱、ニンジン、切り昆布を炊飯器に入れて、戻し汁【a】、調味料、水を合わせたものを加えて炊きます。

作り方3

4.

枝豆を塩茹でし、さやから取り出しておきます。炊き上がったら枝豆を加えて混ぜます。

作り方4

レシピ・プラス・ワン

1合は180ccになります。通常の計量カップは200ccですので量るときに気をつけてください。

しにあレシピトップページへ戻る

料理のカテゴリからレシピを探す

食材からレシピを探す

テーマからレシピを探す

全レシピ一覧から探す

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  献立 No.46 豚ばら肉の梅酒煮 枝豆と切り昆布の炊き込みおこわ