MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  献立 No.67 オクラと豆腐のとろとろ冷や汁

献立 No.67 オクラと豆腐のとろとろ冷や汁

オクラと豆腐のとろとろ冷や汁

<具だくさんスープメニュー>
 お年寄りはどうしても好きなメニューに偏りがち。「栄養のバランスを考えていろいろな食材を食べてもらいたい」というときに、とても便利なのが具だくさんのスープです。

 柔らかくコトコト煮込めば、歯が悪くても大丈夫。また、食欲のない日にもスープならのどを通るかもしれません。ときには、冷蔵庫にある余ったお野菜で作っても美味しい一品になります。そんなスープもちょっと手を加えるだけで、和風、洋風、中華風とこんなにバリエーションが広がります。

 今回のメニューはオクラでとろみをつけた夏に美味しい汁物です。

材 料(4人分・作りやすい分量)

オクラ...5本

木綿豆腐...200g

みそ...大さじ2杯半

白ごま...大さじ2杯

だし汁...600cc~

プチトマト...12個

キュウリ...1本

塩...少々

みょうが...1個

下準備

1.

だし汁をとり、冷ましておきます。

2.

鍋にお湯を沸かします。

作り方

1.

オクラは洗って切り口とがくのかたい部分をとり、塩をまぶし、板ずりします。

2.

準備した熱湯に豆腐をほぐして入れ、2~3分茹でて、引き上げます。同じ熱湯でのオクラを茹でます。どちらもザルにあげ、粗熱をとります。

3.

オクラはみじん切り、トマトは4等分に切ります。キュウリは小口に切り、塩少々をまぶし、水気が出てきたら絞ります。みょうがは半月切りにして、水にさらします。

4.

すり鉢にみそ、豆腐、ごまを入れて、滑らかになるまですります。だし汁を少しずつ加えのばします。オクラを加え、全体をよく混ぜます。

5.

器にの冷や汁を入れ、キュウリ、トマト、みょうがを加えていただきます。

レシピ・プラス・ワン

1.

みその塩分によって仕上がりが違います。だし汁の量を加減してください。

2.

豆腐は傷みやすいので、必ず熱湯で茹でてから使います。

3.

暑さで食欲のないときは冷蔵庫で冷やしてからいただくとよいでしょう。

オクラと豆腐のとろとろ冷や汁

しにあレシピトップページへ戻る

料理のカテゴリからレシピを探す

食材からレシピを探す

テーマからレシピを探すnew

全レシピ一覧から探す

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  献立 No.67 オクラと豆腐のとろとろ冷や汁