MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  献立 No.137 さんまの干物ときのこのマリネ

献立 No.137 さんまの干物ときのこのマリネ

さんまの干物ときのこのマリネ

 きのこは2、3時間日光にあててから調理することでビタミンDが増えます。時間があればぜひ干してから調理してください。さんまの干物はしっかり焼くと骨まで食べやすくなります。骨ごと食べる場合は、ノドなどに刺さらないよう十分気をつけてください。

材 料(4人分)

切り干し大根...10g

おかひじき...1パック

まいたけ...100g

さんまの干物(大きいもの)...2枚

しょうゆ...小さじ1/2杯

酢...大さじ4杯

白すりごま...小さじ2杯

作り方

1.

切り干し大根はさっと洗ってからしぼります。適当な長さに切り、大さじ2杯の酢に漬けておきます。

2.

おかひじきは洗ってから熱湯でさっと茹でてざるにあげ、2cm程度の長さになるように切ります。

3.

まいたけは大きくほぐして、フライパンまたは魚焼きグリルで2、3分焼き、さらにほぐしてからしょうゆ小さじ1/2杯をかけておきます。

4.

さんまの干物は魚焼きグリルで焼き、粗熱(あらねつ)が取れたら一口大にほぐし、酢大さじ2杯をかけておきます。

5.

1~4と白すりごまを和え、器に盛ります。

レシピ・プラス・ワン

まいたけは干した時間により、焼き時間が変わります。焦がさないように注意して下さい。

ワンポイント・アドバイス

<骨を丈夫にするポイント>
食事だけでなく生活面からもできることがあります。30分程度のウォーキングや、日光に適度に当たることも効果があるとされています。

しにあレシピトップページへ戻る

料理のカテゴリからレシピを探す

食材からレシピを探す

テーマからレシピを探すnew

全レシピ一覧から探す

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  献立 No.137 さんまの干物ときのこのマリネ