MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  食べるときに気をつけること

食べるときに気をつけること

1.食べる前に、専門家のアセスメントが基本になります。

2.必ず目が覚めている状態であることを確認しましょう。正しい姿勢を保ち、飲み込むことを本人に意識させることも大切です。

3.確実に飲み込んでから、次の一口を食べること。口の中に食べ物のかすが残っている場合もあり、唾液とともに肺にまわってしまう危険性もあります。一定期間ごとに口腔ケアを行ないましょう。

4.むせたり、疲れたら、少し休んでから食べるようにしましょう。

5.粒状として残りやすい物、のどに詰まりやすい食材はとくに気をつけましょう。
最近は、刻み食、ミキサー食が気管内に入る危険性を指摘する専門家もおり、ソフト食にして提供する施設もふえています。

 注意しながら、おいしく楽しく食べられることが理想です。可能であれば家族や仲間と食卓を囲み、楽しい話題や季節感のある食卓にしたいものです。

監修・レシピ:山田麻子

管理栄養士・料理研究家
都内の料理教室で勤務後、テレビのフードコーディネイト、コンビニエンスストアやスーパーマーケットのメニュー提案なども行なう。



しにあレシピトップページへ戻る

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護の知恵袋 >  しにあレシピ >  食べるときに気をつけること