MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  メールマガジン配信コラム

MY介護の広場メールマガジンにて配信されたコラムをご紹介します。

※ご覧いただくのに会員ログインが必要なコラムがあります。

更新日:2018年8月19日

目次

コラム一覧

2018年介護保険制度の改正について

介護保険制度の今までとこれから

執筆者:田中 元
配信日:2018.04.05

介護保険制度は、年金や医療と同じく国が運営する社会保険制度の一つです。40歳以上の人に介護が必要になったとき、ヘルパーに来てもらったり、デイサービスに通うなどの費用の大半が保険からの支.....

2018年介護保険制度の改正について

今回の改正が目指した2025年のケア

執筆者:田中 元
配信日:2018.04.12

では、今回の大きな見直しは、どのようなテーマで行なわれるのでしょうか。見直しに向けて、国が見すえているのが2025年です。7年後なのでまだ先のことのように思われますが、この年に訪れる大き.....

2018年介護保険制度の改正について

今回の改正の主要なポイントは何か?

執筆者:田中 元
配信日:2018.04.19

では、来るべき2025年に向けて介護保険制度にはどんな備えが必要となるのでしょうか。国が示しているポイントは2つあります。1つは、介護サービス全体に「より重い状態の人にも対応できる」とい.....

2018年介護保険制度の改正について

サービス利用料の負担はどうなった?

執筆者:田中 元
配信日:2018.05.02

2000年月に4介護保険制度がスタートしてから2015年7月までは、介護保険サービスの利用料の自己負担は原則1割(給付限度額をオーバーしたり、保険料滞納があった場合などを除く)で統一されていま.....

2018年介護保険制度の改正について

障害福祉の利用者が65歳以上になると?

執筆者:田中 元
配信日:2018.05.10

介護保険にかかるお金の仕組みで、2018年4月から変わるものもあります。それは、障害福祉サービスを利用していた人が、65歳になって介護保険サービスを利用する場合です。このお金の話をする前に.....

2018年介護保険制度の改正について

40~64歳の介護保険料の仕組みも変わる

執筆者:田中 元
配信日:2018.05.17

私たちが納める介護保険料も、仕組みの変更があります。それが、40~64歳(第2号被保険者)のうち、被用者保険(健保組合や協会けんぽなど)に加入している人の保険料の算定法です。第2号被保.....

2018年介護保険制度の改正について

重度化しないための介護保険へ模様変え

執筆者:田中 元
配信日:2018.06.07

介護保険は、「高齢者に介護が必要になったときに必要なサービス」をまかなう仕組みです。ただし、もともと介護保険法では、「被保険者(40歳以上の人)が要介護状態になった場合でも、可能な限り.....

2018年介護保険制度の改正について

自立のために「頑張ってもらう」サービス

執筆者:田中 元
配信日:2018.06.14

国が定めた「保険者を評価する指標」のなかには、地元のケアマネジャーに対して「自立支援・重度化防止」に向けたケアプラン作成を進めるための基本方針を伝えることなども含まれています。そして.....

2018年介護保険制度の改正について

「自分でできることを維持する」介護へ

執筆者:田中 元
配信日:2018.06.28

さて、利用者の多くが使っているもう一つのサービスに訪問介護があります。訪問介護には、食事や排せつ、清潔保持などの生活動作を介助する身体介護と、調理や洗濯、掃除など家事にかかわる生.....

2018年介護保険制度の改正について

介護医療院という新しい介護施設が誕生

執筆者:田中 元
配信日:2018.07.05

自立支援や介護の重度化を防ぐための仕組みが強化される一方、利用者の高齢化が進むなかでは、「心身の状態がかんばしくない人」も増えざるをえません。そうなれば、持病やケガの後遺症などの管.....

2018年介護保険制度の改正について

入院期間が短くなるなかでの介護と医療の連携

執筆者:田中 元
配信日:2018.07.12

さて、高齢の患者が増えつつあるなかでは、医療側の事情も変わりつつあります。限られた医療財政のなかで、こうした患者の増加に対応していくには、病院の機能を効率化しなければなりません。具.....

2018年介護保険制度の改正について

入退院を繰り返すケース等も想定した仕組み

執筆者:田中 元
配信日:2018.07.19

利用者の容態急変などのリスクが高まれば、「入退院を繰り返す」ケースも増えます。介護事業所・施設としては、外来・訪問のかかりつけ医等だけでなく、利用者の入院先の医療機関との情報交換な.....

2018年介護保険制度の改正について

認知症高齢者700万人時代に向けた集中取組み

執筆者:田中 元
配信日:2018.08.02

高齢者介護の大きなテーマの一つが、認知症です。人口が高齢化するなか、認知症の人の数も増え続け、2025年には最大で700万人を超える(※)と推計されています。これは、65歳以上人口の5人に1人.....

2018年介護保険制度の改正について

地域ぐるみで認知症の人を支える仕組み

執筆者:田中 元
配信日:2018.08.09

認知症の人が住み慣れた地域で穏やかに暮らすには、介護サービスなどを適切に利用することが必要です。ただし、施設等でない限り生活全般をサポートするのは困難です。人の生活は24時間・365日続.....

2018年介護保険制度の改正について

介護保険での認知症対応はどうなったか?

執筆者:田中 元
配信日:2018.08.16

地域ぐるみのさまざまな支援が脇を固める一方、プロによる支援、つまり介護保険サービスを充実させることも同時に必要となります。この介護保険サービスについて、2018年度から対応が強化された点.....

▲ 目次へ戻る

糖尿病の人の食事のポイント

糖尿病の人の食事のポイント①

執筆者:榎本 眞理
配信日:2016.05.12

糖尿病は、慢性的に血液中のブドウ糖の濃度が高くなる代謝疾患群で、全身にさまざまな障害を起こします。糖尿病患者とその予備群は、国内で2000万人を超え、まさに“国民病”といえます。糖尿病の.....

糖尿病の人の食事のポイント

糖尿病の人の食事のポイント②

執筆者:榎本 眞理
配信日:2016.05.19

糖尿病の食事には3点のポイントがあります。①適正なエネルギー量の食事をとりましょう。エネルギー量は、性別、年齢、肥満度、日常生活やスポーツによる身体活動量、血糖値、合併症の有無など.....

▲ 目次へ戻る

介護予防のために肥満だけでなく低栄養にも注意しよう

介護予防のために肥満だけでなく低栄養にも注意しよう①

執筆者:榎本 眞理
配信日:2016.06.09

栄養過多による肥満はよく問題視されますが、同じように低栄養にも注意が必要です。厚生労働省は、低栄養の疑いを判断する基準として、体重が6ヵ月間で2~3㎏減少、BMI(体重と身長の関係から.....

介護予防のために肥満だけでなく低栄養にも注意しよう

介護予防のために肥満だけでなく低栄養にも注意しよう②

執筆者:榎本 眞理
配信日:2016.06.16

それでは低栄養の改善にはどういう方法があるのでしょうか。1>1日の食事で3食にこだわらない体調が悪いときなど1日に3回の食事で必要な栄養をとるのは難しいことです。1食をおやつ風(サ.....

▲ 目次へ戻る

加齢で筋肉が減る!?「サルコペニア」

加齢で筋肉が減る!?「サルコペニア」①

執筆者:榎本 眞理
配信日:2016.11.10

加齢とともに筋肉の量は減少し体力や機能が低下していきます。近年、筋肉量の減少が骨折や糖尿病などさまざまな病気の原因になることがわかってきました。このような、年齢と関連する筋肉量の低.....

加齢で筋肉が減る!?「サルコペニア」

加齢で筋肉が減る!?「サルコペニア」②

執筆者:榎本 眞理
配信日:2016.11.17

サルコペニア対策で運動とともに大切なのが「食事で十分な量のタンパク質を摂ること」です。筋肉を増やすためには良質のタンパク質を積極的に摂る必要があります。そのためにタンパクアミノ酸で.....

▲ 目次へ戻る

高齢になると「食べにくくなる」食材

高齢になると「食べにくくなる」食材①

執筆者:榎本 眞理
配信日:2016.12.08

お正月になると、高齢者がお餅をノドに詰まらせて病院に運ばれる痛ましいニュースが流れます。食べ物は口にいれると咀嚼(そしゃく)が始まります。食べ物を噛むと唾液がでて、固まりを作り、飲.....

高齢になると「食べにくくなる」食材

高齢になると「食べにくくなる」食材②

執筆者:榎本 眞理
配信日:2016.12.15

高齢者にとって食べにくい食材を食べやすくするためにどのような工夫ができるでしょうか。■まず、食べにくい食材は避ける海苔のように口に張り付く食材は避けます。海苔巻きの場合、海苔の代わ.....

▲ 目次へ戻る

賢い食生活で健康な1年に

同じ摂取カロリーで20倍も太る!?

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.01.12

新しく始まった2017年を、病気をせずに健康で暮らしたい、というのは皆の願いでしょう。健康に生きるためには賢い食生活も大切な要素です。そのためには①1日3食。リズムを決めて摂る。夕食は就.....

賢い食生活で健康な1年に

小さな心配りと工夫が健康な体を作る!

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.01.19

前回は「賢い食生活」についてのべました。今号は、具体的な食事方法について考えます。1)いろいろな食品を摂ると栄養の偏りが防げる人の嗜好はある程度決まっていて、同じようなものを繰り返.....

▲ 目次へ戻る

野菜は葉も皮も全部食べよう!

野菜をたくさん食べると、なぜ体にいいの?①

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.02.09

テレビや雑誌などで「野菜をたくさん食べましょう!」「1日に野菜を350g以上摂ることが望ましい」などという言葉を耳にします。なぜ、野菜を食べることをこんなにすすめるの?と考えたことはあり.....

野菜は葉も皮も全部食べよう!

野菜をたくさん食べると、なぜ体にいいの?②

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.02.16

野菜の摂り方で特におすすめしたいのが「旬のものを食べる」「葉や皮なども捨てずにできるだけ食べる」ことです。「旬」とは、それぞれの野菜が育つのに適し、収穫量が最も多くなる時期です。1.....

▲ 目次へ戻る

花粉症の症状を少しでも楽にしたい

花粉症の時期を乗り越えるために

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.03.09

春3月。うららかな日差しは嬉しいけど花粉症が辛い、という人も多いのではないでしょうか。今や国民の4人にひとりが花粉症(厚生労働省)だといわれます。花粉症は、花粉によって生じるアレル.....

花粉症の症状を少しでも楽にしたい

毎日の生活に取り入れたい食材とは

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.03.16

花粉症緩和に役立つとされる食材があります。必ずしも効果は検証されていませんが、実際に症状が緩和したというデータを出している団体が数多くあります。少しでも楽になりたい人は試してみても.....

▲ 目次へ戻る

食生活で便秘を解消しよう

便秘とはどんな状態?

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.04.13

「便秘」は、年齢に関係なく起こりますが、50歳代を過ぎた頃から症状を訴える人が急激に増えていきます。(厚生労働省平成25年国民生活基礎調査)便秘になると、腸内で有害物質が生成され、下腹.....

食生活で便秘を解消しよう

弛緩性便秘を改善する食生活とは

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.04.20

今回は「弛緩性便秘を改善する食生活」について考えます。まずは、朝食を抜かずにしっかりと摂るようにします。また、朝食後など決まった時間での排便を、たとえ便意がなくても毎日続けて習慣化.....

▲ 目次へ戻る

健康のために、水分をしっかり摂ろう!

水はなぜ体にとって大切なのか

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.05.11

厚生労働省の「健康のために水を飲もう講座」には「人間は1日2.5リットルの水が必要です」とあります。さらに、「体のなかの水分を5%失うと脱水症状や熱中症などの症状が現れ、10%失うと筋肉.....

健康のために、水分をしっかり摂ろう!

渇きを感じる前に水分を摂る

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.05.18

水分は、喉に渇きを感じてから飲むのではなく、渇きを感じる前に水分を摂ることが大事です。特に水分が不足しやすい、就寝の前後、スポーツの前後、入浴の前後、飲酒の前後などに、水分を摂るこ.....

▲ 目次へ戻る

魚を美味しく食べよう!

旬の野菜と旬の魚には違いがある

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.06.08

それぞれの野菜が育つのに適した時期に、収穫量が最も多くなる「旬の野菜」は、栄養価が高いことは前回述べました。野菜と同様に魚にも旬があります。旬になると収穫量のピークを迎え、手頃な価.....

魚を美味しく食べよう!

調理方法を工夫して毎日食べる

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.06.15

魚は、刺身で食べる、焼く、煮るなどの調理方法はいろいろありますが、栄養を効率良く摂るには、これらの調理方法を組み合わせることです。魚の「身」にはタンパク質、脂質が多く、「皮」にはコ.....

▲ 目次へ戻る

骨粗鬆症は高齢者特有のもの?

女性は40歳、男性は50歳くらいから検査しよう

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.07.13

年をとると誰でも骨量は減少していきます。その骨量の減少に加えて、骨組織の構造が変化し、骨がもろくなり、骨折しやすくなっっていきます。若年成人の平均骨量に比べて30%以上骨量が減少した.....

骨粗鬆症は高齢者特有のもの?

骨は適度な圧力をかけると強くなる

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.07.20

日常生活でできる骨粗鬆症の予防方法には、「適度な運動」と「バランスの良い食事」があげられます。骨粗鬆症の予防で重要な役割を担うのがカルシウムです。慢性的にカルシウムの摂取量が不足す.....

▲ 目次へ戻る

油(脂質)の性質を知って摂ろう!

必要不可欠な脂質。摂りすぎるとリスクも

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.08.10

人間にとって欠かせない5大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンです。栄養素とは生きてゆく上で必要不可欠なもので、体内で合成できないもの、あるいは合成できても量が.....

油(脂質)の性質を知って摂ろう!

「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.08.17

脂質は脂肪酸からできています。脂肪酸は分類方法によって、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の大きく2つに分けられます。◆飽和脂肪酸・・・一般的に肉や乳製品に多く含まれる酸化しにくい油.....

▲ 目次へ戻る

食事に「塩分控えめ」はなぜ必要なの?

日常生活で塩分を控えることは難しい①

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.09.14

厚生労働省は、生活習慣病の予防のため、健康診断の指導や給食の献立の基準として「食事摂取基準」を設けており、これは5年に1度見直されています。この報告書では高血圧の予防などを目的に、.....

食事に「塩分控えめ」はなぜ必要なの?

日常生活で塩分を控えることは難しい②

執筆者:榎本 眞理
配信日:2017.09.28

塩分の多い食事、食べ過ぎ、偏った食生活は高血圧や高血糖を招き、多くの血液が流れている腎臓に大きなダメージを与えます。腎臓の働きが悪くなると、尿の量が極端に多くなったり少なくなったり.....

▲ 目次へ戻る

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

「お金」にかかる改正を考える①

執筆者:田中 元
配信日:2017.07.13

今年5月、介護保険法等の改正案が成立したことは、報道等でご存じと思います。介護保険の被保険者である人から見た場合、関心が高いのはやはり「お金」にかかることでしょう。今改正法で「お金.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

「お金」にかかる改正を考える②

執筆者:田中 元
配信日:2017.07.20

さまざまな「お金」の見直しが行なわれる中で、「いつ、何が、どう変わるか」を整理するのは並大抵ではありません。そこで、先の見直しを時系列で追ってみましょう。まずは、今年8月に迫った高.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

「お金」にかかる改正を考える③

執筆者:田中 元
配信日:2017.08.10

前回、介護保険における月あたり自己負担限度額の見直しを取り上げました。加えて、2017年8月からは医療における自己負担限度額(オーバーした分は高額療養費で払い戻される)にも変更が生じます.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

「介護納付金」が変わることを知っておこう

執筆者:田中 元
配信日:2017.08.17

次に、2017年8月から段階的に導入される、第2号被保険者(40~64歳)のうちの被用者保険(健康保険組合や協会けんぽなど)に加入している人の保険料についてお話しします。この見直しは、今年5.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

2018年4月には介護報酬が改定される①

執筆者:田中 元
配信日:2017.09.14

今回は、2018年に入ってから介護の「お金」がどう変わるのかをたどって行きましょう。最も大きなトピックは、8月から予定される「所得が特に高い人」への3割負担の導入です。しかし、その前にも.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

2018年4月には介護報酬が改定される②

執筆者:田中 元
配信日:2017.09.28

さて、2018年8月になるといよいよ3割負担の導入が始まります。3割の対象となるのは65歳以上(1号被保険者)で、所得基準が「現役並み」の人とされています。具体的には以下の基準設定が予定さ.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

「サービスの利用を減らす」必要がでてくる?

執筆者:田中 元
配信日:2017.10.05

前回まで、介護保険サービスなどにかかるお金の負担増について述べてきました。ここで考えたいのは、「お金の負担」が増えたとして、利用者やその家族としてどのような心構えを持てばいいかとい.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

「介護サービスの利用を減らす」とどうなる?

執筆者:田中 元
配信日:2017.10.12

例えば、医療であるなら「通院の回数を減らすと持病が悪化するのではないか」と考える人は多いでしょう。しかし、介護サービスになると、「利用を減らすことでどんな不都合があるか」がピンとこ.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

ケアマネジャーと相談しながら、ケアプランを見直そう!

執筆者:田中 元
配信日:2017.10.19

利用者や家族としては、「お金のために介護サービスの利用を減らしたくないが、家計の問題にかかわるので背に腹は代えられない」という思いもあるでしょう。しかし、介護サービスの利用回数を維.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

介護サービスの上手な節約方法はあるの?

執筆者:田中 元
配信日:2017.11.02

前回までは、担当のケアマネジャーに「家計負担」についての相談を率直にもちかけ、一緒にケアプランの確認作業を行なうという流れについて述べました。そのうえで今回は、サービス調整などをど.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

利用回数を減らした場合は、サービス内容を工夫しよう!

執筆者:田中 元
配信日:2017.11.09

今回考えたいのは、デイサービスを1回減らした分、そこで得られている効果をどこかでカバーできないかということです。具体的には、残った回数のデイサービスでのプログラム、あるいはほかに使.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

要介護者のために、さまざまな集いの場所を利用しよう

執筆者:田中 元
配信日:2017.11.16

地域には、高齢者同士が集ってお茶を飲んでおしゃべりをしたり、会食したり、簡単な創作活動など行なうといったサロン的な集いの場がいろいろあります。ボランティア団体などが実費の徴収だけで.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

家族の介護疲れを防ぐには

執筆者:田中 元
配信日:2017.12.07

利用者負担が増える中、単純に「サービスの利用頻度を減らす」というだけでは、せっかくの介護保険が十分に使いこなせない可能性がある。だからこそ、介護保険の効果を維持するには、「利用頻度.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

家族の介護を 休みたいけど休めない

執筆者:田中 元
配信日:2017.12.14

多くの家族介護者も、「家での介護を長続きさせるには、(介護者である)自分たちにも一定の休息は必要」ということは、頭では理解しています。一方で、その理解を妨げてしまう感情が生じること.....

「今年・来年、介護の「お金」はどう変わる?」

介護家族に必要なのは"冷静な判断力"

執筆者:田中 元
配信日:2017.12.28

確かにショートステイの場合、地域によっては利用の予約がなかなか取れないなど、「その家族が信頼できる施設」を選べる余裕がないこともあります。だからといって、家族が本人と離れる時間を全.....

▲ 目次へ戻る

「介護と仕事を両立するために」

介護をひとりで抱えていませんか?

自分を追い詰めないで

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.10.05

働きながら介護をしている方々が集まる座談会で、ある女性に出会いました。優秀なシステムエンジニアで、会話をしていると聡明さと意思の強さが伝わってきます。彼女は、独身で認知症の75歳の母.....

「介護と仕事を両立するために」

介護をひとりで抱えていませんか?

介護離職後はイバラの道

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.10.12

仕事をしながら介護を続けていると、「会社を辞めて介護に専念したら、少しは心身の負担が減るのではないか」「お金のことは心配だけど、それ以上に精神的負担から解放されたい」という思いが、.....

「介護と仕事を両立するために」

介護をひとりで抱えていませんか?

介護はチームで乗り越えよう

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.10.19

皆さんは、大きな仕事をチームで乗り越えた経験はありますか?今まさに、仕事上チームリーダーとして、司令塔の役割を担っている人もいるかもしれません。実は、介護も、仕事と同様に「チームで.....

▲ 目次へ戻る

「介護と仕事を両立するために」

介護なんて、まだまだずっと先の話?

親が元気なうちに、「明るい家族介護会議」を開催しよう

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.11.02

兄「母さんは、絶対に介護なんかにならないよ。あんな元気でピンピンしている」姉「本当ね。あんなにおしゃべりだから、100歳まで生きられると思うよ」私「父さんが倒れても、母さんがしっかりし.....

「介護と仕事を両立するために」

介護なんて、まだまだずっと先の話?

親のこと、どれだけ知っていますか?~家族介護会議で情報共有を~

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.11.09

【まずは貴重品の保管場所を確認しよう】親が、どこに健康保険証、通帳、印鑑、生命保険証書などを保管しているか、ご存じですか?介護が始まると、親の容態によっては親に確認できなくなること.....

「介護と仕事を両立するために」

介護なんて、まだまだずっと先の話?

親のこと、どれだけ知っていますか?~認知症の早期発見~

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.11.16

皆さんに質問です。ご自分の親はどのような1日を過ごし、何に興味を持って、どんな交友関係があるか、ご存じですか?親の日常を思い出そうとすると、「一緒に暮らしていたころの父は、仕事から.....

▲ 目次へ戻る

「介護と仕事を両立するために」

育児・介護休業法を正しく理解しよう!

法律や会社制度に対する正しい知識が、あなたを助ける

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.12.07

ある企業で、「仕事と介護の両立」をテーマにパネルディスカッションを行ないました。その際、パネリストとして登壇いただいた介護経験がある社員Aさん、Bさんの発言に、とてもびっくりしまし.....

「介護と仕事を両立するために」

育児・介護休業法を正しく理解しよう!

「介護休業通算93日まで」の意味すること

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.12.14

介護休業は、要介護状態にある家族ひとりにつき、通算93日まで取得することができます。3回を上限として分割取得も可能です。一方で、育児休業は、2017年10月法律改正で、保育所に入れない場合等.....

「介護と仕事を両立するために」

育児・介護休業法を正しく理解しよう!

介護休業中は無給でしょうか?

執筆者:津坂 直子
配信日:2017.12.28

介護休業期間中は、仕事をしていないため、会社は介護休業をしている従業員に給与を支払う義務はなく、原則無給となります。ただし、会社によっては給与を支給する場合もありますので、所属する.....

▲ 目次へ戻る

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  メールマガジン配信コラム