MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用で見る公的介護保険サービス

費用で見る公的介護保険サービス

 公的介護保険を利用してケアプランを立てる場合、予算を考慮しながら、必要な介護サービスを選択していきます。その介護サービスの内容や費用がわからないと、すべてケアマネジャーに「お任せプラン」になりがちです。

 本人や家族が望む質の高い介護のためには、「介護サービスの内容」と「費用」を知っておく必要があります。

  • (1)訪問介護(ホームヘルプサービス)

    訪問介護はホームヘルプとも呼ばれ、訪問介護員(ホームヘルパー・介護福祉士)が、自宅を訪問し介護や生活支援を行なう、居宅サービスの中で最も利用されているサービスです。・・・続きを見る

  • (2)訪問入浴介護

    訪問入浴介護は、自宅に移動式の浴槽を設置、もしくは、入浴設備がある車両内で入浴を介助するサービスです。・・・続きを見る

  • (3)訪問看護

    訪問看護は、疾病などを抱えている人に医師の「訪問看護指示書」に基づき、看護師や保健師が自宅を訪れて療養の観察や診療の補助、栄養管理指導、リハビリ等を行ないます。・・・続きを見る

  • (4)訪問リハビリテーション

    訪問リハビリテーションは、通院してリハビリを受けることが困難な人に、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが自宅に訪れ、それぞれの日常生活を送る中で困難な動作や状況に合わせた訓練や機能の維持、精神的サポートなどの短期集中的なリハビリテーションを行なうサービスです。・・・続きを見る

  • (5)居宅療養管理指導

    居宅療養管理指導は、医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが通院困難な人の自宅を訪問し、療養上の管理・指導を行なうサービスです。・・・続きを見る

  • (6)通所介護(デイサービス)

    通所介護は「デイサービス」と呼ばれ、利用者が通所介護施設に通って、入浴や食事等の日常生活上の支援や機能訓練や交流を行なったり、生活上の相談・助言、看護師や保健師等による健康状態の確認などの支援が受けられるサービスです。・・・続きを見る

  • (7)通所リハビリテーション(デイケア)

    通所リハビリテーションは「デイケア」と呼ばれ、老人保健施設や病院や診療所等の医療関係施設に通い、理学療法士や作業療法士や医師から、機能訓練(リハビリテーション)をはじめ、食事、入浴等の日常生活の支援を日帰りで受けられるサービスです。・・・続きを見る

  • (8)短期入所生活・療養介護(ショートステイ)

    短期入所生活・療養介護は「ショートステイ」と呼ばれ、福祉施設や医療施設に短期間入所し、日常生活の支援や機能訓練などを利用できるサービスです。・・・続きを見る

  • (9)特定施設入居者生活介護

    特定施設入居者生活介護とは、介護専用型特定施設(有料老人ホーム)などで定員30人以上の「特定施設」の指定を受けている施設に入居している高齢者に、食事、入浴、排泄の介助等の日常生活上の支援や、日常生活の介助、機能訓練等を提供するサービスです。・・・続きを見る

  • (10)福祉用具の貸与

    車椅子、介護用ベッド、リフトなど、日常生活の自立を助けるための福祉用具のレンタルができます。・・・続きを見る

  • (11)定期巡回・随時対応型訪問介護看護

    要介護高齢者の在宅生活を支えるためにある24時間対応のサービスです。・・・続きを見る

  • (12)看護小規模多機能型居宅介護

    高齢になると、介護と看護が合わせて必要になる事が多くなります。・・・続きを見る

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用で見る公的介護保険サービス