MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用で見る公的介護保険サービス >  訪問入浴介護

  • このページで示されている公的介護保険の利用料は自己負担1割(※)を想定して算出されたものです。お住まいの地域やご利用の事業所によって金額は異なります。
  • 費用はあくまでも参考価格であり、実際にかかる費用とは異なる場合もあります。

訪問入浴介護

どんなサービスなの?

 訪問入浴介護は、自宅に移動式の浴槽を設置、入浴を介助するサービスです。寝たきりの人や身体を動かすことができない人、感染症があり自宅や通所施設での入浴が困難な人が利用できます。入浴前には必ず看護師などによる健康チェックを行ないます。
 通常は看護職員(看護師または准看護師)1名と訪問介護員(介護福祉士、介護職員初任者研修終了者等)の2名の合計3名が訪問しますが、主治医が問題ないと判断した場合は、介護職員3名で訪問することもあります。訪問する職員によって費用が異なります。

費用はどれくらいかかるの?

050_02.jpg

※一定以上の所得がある第1号被保険者(65歳以上)は2割または3割負担となります。
2割または3割負担となる判定基準については、こちら(2割・3割負担判定チャート)

※公的介護保険制度等に関する記載は2018年11月現在の制度に基づくものです。

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用で見る公的介護保険サービス >  訪問入浴介護