MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用で見る公的介護保険サービス >  通所介護(デイサービス)

このページで示されている公的介護保険の利用料は自己負担1割(※)を想定して算出されたものです。お住まいの地域やご利用の事業所によって金額は異なります。

通所介護(デイサービス)

どんなサービスなの?

 通所介護は「デイサービス」と呼ばれ、利用者が通所介護施設に通って、入浴や食事等の日常生活上の支援や機能訓練を受けたり、生活上の相談・助言、看護師や保健師等による健康状態の確認などの支援が受けられるサービスです。リフト付きの車での送迎もあるため、車いすの方の利用も可能です。
 寝たきりの予防や認知症の症状を和らげるためにも、家から出て多くの人と一緒に過ごす時間は必要です。またデイサービスは利用者の気分転換になるばかりでなく、家族など介護者が休息でき、自分の時間がもてるなど、介護者の負担を軽減することにも役立っています。
 また、難病やがん末期等の在宅の要介護者が、医療ケアを受けられる療養通所介護があります。その際は訪問看護ステーションや医療機関と連携して行ないます。

費用はどれくらいかかるの?

 送迎を含む金額ですが、通常食事代は自己負担です。
 また、入浴などの選択制サービスを利用する際は別途費用がかかります。

通所介護(デイサービス)の利用料金(定員19人以上、月平均利用者750人以内)

所要時間6時間以上7時間未満
要介護度 自己負担額
要介護1 575円
要介護2 679円
要介護3 784円
要介護4 888円
要介護5 993円
所要時間8時間以上9時間未満
要介護度 自己負担額
要介護1 659円
要介護2 779円
要介護3 902円
要介護4 1,026円
要介護5 1,150円
選択制サービスの目安
内容 自己負担額
個別機能訓練加算(Ⅱ) 56円(日額)
入浴介助加算 50円(日額)
口腔機能向上加算 150円(1回)

厚生労働省告示「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準」より作成

療養通所介護の利用料金

内容 自己負担額
3時間以上6時間未満 1,012円
6時間以上8時間未満 1,519円

厚生労働省告示「指定地域密着型サービスに要する費用の額の算定に関する基準」より作成

 なお、ここでは通常規模型通所介護費を例にしていますが、地域密着型、大規模型など施設の規模によって、また利用時間の長さによって金額が変わります。

※一定以上の所得がある第1号被保険者(65歳以上)は2割または3割負担となります。
2割または3割負担となる判定基準については、こちら(2割・3割負担判定チャート)

※公的介護保険制度等に関する記載は2019年10月現在の制度に基づくものです。

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用で見る公的介護保険サービス >  通所介護(デイサービス)