MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用で見る公的介護保険サービス >  通所リハビリテーション(デイケア)

このページで示されている公的介護保険の利用料は自己負担1割(※)を想定して算出されたものです。お住まいの地域やご利用の事業所によって金額は異なります。

通所リハビリテーション(デイケア)

どんなサービスなの?

 通所リハビリテーションは「デイケア」と呼ばれ、老人保健施設や病院や診療所等の医療関係施設に通い、理学療法士や作業療法士や医師から、機能訓練(リハビリテーション)をはじめ、食事、入浴等の日常生活の支援を日帰りで受けられるサービスです。
 リフトバスなどによる送迎があります。

費用はどれくらいかかるの?

通所リハビリテーション(デイケア)の利用料金(7時間以上8時間未満時)

通常規模型リハビリテーション費
要介護度 自己負担額
(1回)
要介護1 716円
要介護2 853円
要介護3 993円
要介護4 1,157円
要介護5 1,317円

送迎を含む金額ですが、通常食事代は自己負担です。
また入浴などの選択制サービスを利用する際に別途費用がかかります。

選択制サービスの目安
内容 対象者 自己負担額
短期集中個別
リハビリテーション加算
退院(所)日、要介護認定日から3ヵ月以内の人 110円(日額)
栄養改善加算 150円(1回)
口腔機能向上加算 150円(1回)

厚生労働省告示「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準」より作成

 また、上記の金額は、施設の規模や利用時間の長さによっても金額が異なります。

※一定以上の所得がある第1号被保険者(65歳以上)は2割または3割負担となります。
2割または3割負担となる判定基準については、こちら(2割・3割負担判定チャート)

※公的介護保険制度等に関する記載は2019年10月現在の制度に基づくものです。

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用で見る公的介護保険サービス >  通所リハビリテーション(デイケア)