脳梗塞

脳梗塞の後遺症

 後遺症は、脳梗塞により脳の障害を受けた部位によって異なります。(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞の後遺症は共通しています。)

1.運動の障害

 脳梗塞の後遺症の中でも代表的な症状が片麻痺です。運動にかかわる神経が妨げられて片方の手足に麻痺が起こる状態です。障害を受けた脳とは左右逆側の手足に麻痺が出現します。麻痺の程度は、軽度のものから重度のものまで様々です。軽度であれば完全に麻痺が回復する場合や機能的に問題がなくなる場合もあります。しかし、様々の程度の麻痺を残す場合があり、下肢の麻痺について述べると、歩行につえや歩行器を要したり、筋力を補完するための装具を要したり、移動に車いすを要する場合などがあります。

2.発声や嚥下の障害

 脳梗塞により運動障害がおきるのは、四肢だけではありません。声を出したり、物を飲み込んだりする時に動くのどの筋肉も影響を受けることがあります。脳梗塞により喉の筋肉の動きが悪くなると、発声や嚥下がうまくできなくなり、いろいろな対策が必要になります。嚥下がうまくできないと、口に入れた食べ物やつばが気管支や肺に入ってしまい、生命にかかわる肺炎を起こす危険性があります。そのため、のどを通らずに食べ物を胃に入れるための「胃ろう」というチューブを腹の表面から胃に通すこともあります。

3.言語の障害

 左脳に言語中枢があるため、左脳の脳梗塞により言語の理解や表出(話すこと、書くことなど)が不自由な失語症になることがあります。失語症の代表的なものを挙げると、他人が話すことは理解できるが自分が考えていることを流暢に話せない「ブローカー失語」や他人が話すことが理解できず自分が話す言葉が意味を成さない「ウエルニッケ失語」、言葉を理解することも話すことも出来ない「全失語」などがあります。
 これらの失語症は、リハビリテーションにより改善することも多いので、じっくりとリハビリテーションに取り込むことが必要です。

4.失認、失行

 脳は、視覚や聴覚など様々な感覚により得られた周囲に関する情報を統合し、空間や状況を意識したり、状況を判断し自らの行動をうまく行うための調整をしたりする機能を持っています。そのため、それらが損なわれた場合、失認、失行といった症状が現れます。
 失認は大脳の一部が破壊されることで、感覚器は完全なのに、対象となる事物を認識できない状態で、失認でよくみられるのは、左半側空間失認です。自分からみた左側半分の空間が認識できず、左側にあるものを無視します。そのため、左にあるものにぶつかることや食事の際は食器の右半分のものだけを食べることがあります。失認がみられる場合、家族は患者さんが左側を認識できないということを念頭に入れて接することが大切です。
 失行とは、手足などの筋肉が麻痺しているわけではないのに、ある行為がうまく行えなくなる症状です。例えば洋服を着られなくなる、コインをつまんで取り上げられなくなることなどがあります。

5.人格や精神面の変化

 脳梗塞により脳の前頭葉(前の方)や側頭葉(側面の下部)などがおかされると、注意力や集中力の低下、やる気がなくなる、感情や行動の抑制がきかなくなる(突然泣いたり怒ったりする)などの行動や精神面の症状が現れ、良好な対人関係を築き、良好な社会生活を送ることが困難になる場合があります。
 これらの後遺症に対して適切なリハビリテーションを含めた治療や周囲の人からの働きかけや介護がないと、脳梗塞の後遺症に加えて全身状態や精神状態の悪化ももたらされます。すなわち、後遺症による不自由さから自分から活動せず、他人との接触を避けるようになると、廃用症候群が悪化して寝たきりになることや、楽しみを感じることも減り、うつや認知症の悪化を招くことがあります。

MY介護の広場トップ >  病気と介護 >  脳梗塞の後遺症