MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用が軽減できる公共の制度

費用が軽減できる公共の制度

公的介護保険を利用すれば、サービス利用料が1割(※)の自己負担で済むといっても、いつまで続くかわからない毎月の支出は家計にとって大きな負担になります。
公的介護保険を利用している人で、一定の要件に当てはまる人には、介護費用が、払戻しまたは減額される制度があります。

※一定以上の所得がある第1号被保険者(65歳以上)は2割または3割負担となります。
2割または3割負担となる判定基準については、こちら(2割・3割負担判定チャート)

※公的介護保険制度等に関する記載は2018年11月現在の制度に基づくものです。

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 知識編 >  費用が軽減できる公共の制度