MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 法律編 >  日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業

高齢になると、若いうちは当たり前にできていたことが難しくなっていきます。日々の金銭の支払いや、書類の保管、いろいろな手続きが重荷になることがあります。
また、不動産や預貯金の管理、施設への入所の手続きなどは、認知症の高齢者などには多くの場合支援が必要です。
法律では、このような高齢者が、自立し、また安心して暮らせるように保護や支援を行なっています。

  • 日常生活自立支援事業とは

    「日常生活自立支援事業」とは、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者などのうちで、判断能力が不十分な人が住み慣れた地域や家において自立した生活が送れるよう、利用者の契約に基づいて、地域の社会福祉協議会が福祉サービスの利用援助等を行なうものです。・・・続きを見る

  • どのような援助が受けられるの

    日常生活自立支援事業を利用すると、福祉サービスを利用する際のさまざまな手続きや契約、預貯金の出し入れ、生活に必要な利用料などの支払い手続き、年金や預貯金通帳などの大切な書類の保管などのサービスを受けることができます。・・・続きを見る

  • どうすれば利用できるの

    利用希望者は、地域の社会福祉協議会に相談します。・・・続きを見る

  • 利用料はどのくらいかかるの

    相談や支援計画の作成にかかる費用は無料ですが、福祉サービスの利用援助などの実際のサービスは有料となります。・・・続きを見る

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 法律編 >  日常生活自立支援事業