MY介護の広場トップ  >  一般のみなさま >  介護とお金  >  早わかり!介護のはなし

早わかり!介護のはなし

介護の現状や公的介護保険制度の概要、自己負担額(※)など、介護の準備についてわかりやすく紹介します。

※一定以上の所得がある第1号被保険者(65歳以上)は2割または3割負担となります。
2割または3割負担となる判定基準については、こちら(2割・3割負担判定チャート)

ずいぶん、勉強熱心ねぇ。

あぁ、実は同僚の奥さんが脳梗塞で寝たきりになって介護が大変なんだって。
これは他人事じゃないなって思ってさ。

日本人の平均寿命は確実に伸びていますが、日常生活に制限のある不健康な期間を意味する平均寿命と健康寿命との差は男性で約9年、女性で約12年になっています。

※健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間。

出典(平均寿命):厚生労働省「簡易生命表」

出典(健康寿命):厚生労働省「第38回厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会資料」(平成26年6月)
厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」
厚生労働科学研究費補助金「健康日本21(第二次)の地域格差の評価と要因分析に関する研究」

また、2015年現在日本人の3.7人に1人が65歳以上の高齢者となっています。

出典:2000年~2015年については、総務省「人口推計/長期時系列データ(平成12年~27年)」
2025年(推計)については、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」(平成29年推計)

なんだか、先行きに不安を感じるわねぇ。

これを見てごらん。

出典:厚生労働省「平成27年度 介護保険事業状況報告(年報)」

介護が必要な方ってこんなにもいるの!?ここ10年で40%以上増えているじゃない。

そうなんだよ。75歳の3.1人に1人が要介護(要支援)者と認定されているんだ。

隣のおじいちゃんも介護を受けているみたいよ。身近に聞くと不安になるわねぇ。

さっき同僚の奥さんの話をしたけど、我々の年代だってわからないぞ。
実は身近な病気でも介護が必要になるんだって。
原因で最も多いのは認知症で、次に多いのは脳血管疾患。

出典:厚生労働省「平成28年 国民生活基礎調査の概況」

注:合計が100%になっていないのは、四捨五入の影響による。

脳血管疾患って確か高血圧が1番の原因なんでしょう。
あなた、この間の健康診断で引っかかってたじゃない。

そうなんだよ。だから余計心配なんだ。

ある日突然、介護が始まるってこともあるのねぇ。
でも、万一の時は公的介護保険制度があるから大丈夫でしょう?

そうだね。
公的介護保険が使える状態なら、現物給付での介護サービスが受けられるからね。(詳しくは「介護保険(公的)の制度とサービス」にて)

ただし、気をつけなきゃいけないのは費用の一部は自己負担として毎月自分で支払わないといけないこと。

※1支給限度基準額は、地域およびサービスの種類によって、上記より高くなる場合があります。

※22割または3割負担の場合は、世帯の所得の状況によって「高額サービス費」が適用され最も高い所得区分においても44,400円が上限となります。

え!?お金がもらえるんじゃなくて逆に支払うの?

そうなんだよ。しかも、公的介護保険で受けられるサービスには上限があるんだ。

へぇそうなの。

上限を超える上乗せサービスや横出しサービスは、全額自己負担になるんだよ。(※2)

※3自治体によっては費用を助成、またはサービスを提供する場合があります。

例えば、これは要介護3で公的介護保険制度のサービスを受けた場合の例。(他の例については「介護とお金 予算別 事例集」にて)

いろんなサービスがあるけど、白い部分が多いのね。

白い部分は必要に応じて、家族が介護をすることになるね。

つまり、私がやるってことね。

うーんまぁ…。

公的介護保険制度だけでは1日24時間週7日間充分に介護サービスを受けられるってわけにはいかなくて、平日の夜や週末はたいてい家族がみるしかないんだよ。

それをなんとかしようと思ったら、さらに別にお金を払わないといけないのね。

例えば、このケースでは毎月あと5万円お金をかけることができたら、週1回ショートステイを利用して家族の負担を軽くできる。
ある程度お金を準備しておけば、こういうこともできるんだ。

たとえ、週1回でも休めるのは大きいわねぇ。

介護は先が見えないから毎日の家族の負担を少しでも軽くする必要があるよね。

でも、もし私が介護になったら子どもにも迷惑をかけたくないから、施設でいいわ。

施設は施設でお金がかかるんだぞ。有料老人ホームなんかは、一般的に入居時に一時金を支払うほかに、毎月15万~25万くらいはかかるんだ。

※介護状態などにより自己負担額には個人差があります。費用については参考価格であり、実際の費用とは異なる場合があります。

介護ってお金のことや、家族の負担とか本当に大変なのね。

そう。だから準備が欠かせないんだよ。

そろそろ、介護に対する備えを考えた方がいいわね。

監修:一般社団法人 日本在宅介護協会

※公的介護保険制度等に関する記載は、2018年11月現在の制度に基づくものです。

POINT

介護は身近な問題

早めの準備が必要

明治安田生命サイト 介護のささえ 明治安田生命サイト 介護のささえ
明治安田生命サイト 介護のささえ 明治安田生命サイト 介護のささえ

自分にあった情報・サービスを探してみよう

介護とお金

予算別 事例集

いくらあったらどんな介護サービスが受けられる?要介護度と予算でサービスを組み立ててみました。

介護費用の悩み 事例集

こんな時どうする!?
在宅介護「費用の悩み」を解く!(全12ケース)

MY介護の広場トップ  >  一般のみなさま >  介護とお金  >  早わかり!介護のはなし