MY介護の広場トップ >  キッズ >  体けんしてみよう!目と耳のふしぎ >  色弱の人の見え方

体けんしてみよう!目と耳のふしぎ

色弱の人の見え方

人間の目には赤、緑、青の色を感じる細胞(さいぼう)があり、この働きによってあらゆる色を見分けています。この色を感じる細胞がうまく働かない人は、色を見分けることが難しくなります。これを「色弱(しきじゃく)」と呼んでいます。日本人で色弱の人は、男性で20人に1人、女性で500人に1人いるといわれています。

色弱では、多くの人に比べてちがう色に見えていたり、赤色と緑色、黄色と黄緑色など、きまった色の見分けがつきにくくなります。赤色を感じる細胞がうまく働かないことをP(ピー)型色弱、緑色を感じる細胞がうまく働かないことをD(ディー)型色弱とよんでいます。

ふだんの生活では、色で何かがわかったり、色を見て意味を考えたりすることは良くあることです。よくにた形であっても、色を見分けることができれば、何かわかりますし、色が付いていれば、より注意して見ることができるので、意味がわかりやすくなります。

それが色弱の人にとって見分けることが難しい色だった時には、何かわからなかったり、注意できずに見落としているということがあります。

色弱の人にとってどう見えるかを考え、あらゆる人にとって、わかりやすく見やすい色や形を工夫して使うことを「カラーユニバーサルデザイン」といいます。

色弱の人の見え方を体験してみよう
P型、D型の画像の上にマウスを置くと、「多くの人の見え方」に変化します。
それが何か見分けることがむずかしい例
多くの人に比べて色が違って見えるので何色かわかりにくくなります。形が同じで、色名が書いてないので他に見分ける方法がありません。
色の差がなくなり、見にくい例
多くの人にとって目立つ組み合わせでも、色の差がほとんどなくなり、字が読みにくくなることがあります。
多くの人の見え方 サインペン
色の違う6色のサインペンがあります。
危険です!
注意してもらおうと、目立つように緑に赤の文字にしました。
P型の人の見え方 サインペン
同じ色のサインペンが2本ずつあるように見えます。
危険です!
色が違って見え、背景と文字の差がほとんどなくなって、読みにくくなっています。
D型の人の見え方 サインペン
同じ色のサインペンが2本ずつあるように見えます。
危険です!
色が違って見え、背景と文字の差がほとんどなくなって、読みにくくなっています。
カラーユニバーサルデザインの例
多くの人の見え方 D型の人の見え方
サインペン サインペン
カラーサインペンでも、「あか」「みどり」「ちゃいろ」の文字があるので、色以外でも見分けることができます。
カラーユニバーサルデザインの例
P型、D型の画像の上にマウスを置くと、「多くの人の見え方」に変化します。
形で意味が分かる
人の形が書いてあるので、色で意味がわからなくても、形で意味がわかるようになっています。
より見やすい工夫例
色弱の人にも見分けやすい色を選び、模様をつける、境を線で囲む、数字を書き込むなど、色以外でも見分けることができるような工夫をしています。
多くの人の見え方 >歩行者信号機
歩行者信号機です。
危険です!
量と割合を示す棒グラフです。
P型の人の見え方 歩行者信号機
色が違って見えても、人の形がはっきりわかるので、迷うことはありません。
棒グラフ
色が違って見えても、模様や、数字でわかるようにしています。
D型の人の見え方 歩行者信号機
色が違って見えても、人の形がはっきりわかるので、迷うことはありません。
棒グラフ
色が違って見えても、模様や、数字でわかるようにしています。

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)
(2016年1月公開)

キッズメニュー

おとしよりを知ろう

「認知症(にんちしょう)」に
ついて考えよう

老人ホームへ行こう

体けんしてみよう!目と耳のふしぎ

かいごについての みんなのギモン

こども図書館

指導者・保護者のみなさまへ