MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 法律編 >  成年後見制度

成年後見制度

認知症などで判断能力が低下した人の生活を守り、財産管理も代行するのが成年後見制度です。ひとりで暮らす高齢者が増えるなかで、老後の安心を守り支えるために活用されています。

  • 成年後見制度とは

    認知症や知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な人は、不動産や預貯金の管理や介護サービス、施設への入所の手続き、遺産問題などについて、自分で判断し、対処することが難しい場合があります。・・・続きを見る

  • 法定後見制度を利用するには

    法定後見制度を利用するための手続きは、住所地の家庭裁判所に、本人、配偶者、4親等内の親族、市町村長などが法定後見の開始の申し立てをすることによって、始まります。・・・続きを見る

  • 後見人等の役割とは

    後見人等は、本人の生活・医療・介護・福祉など、本人の身の回りの事柄や心身の状況などに配慮しながら、判断力の低下した人を事故や犯罪から守り、安心できる生活環境が維持できるように、本人を保護・支援していく役割を果たします。・・・続きを見る

  • 法定後見の手続き

    法定後見の場合、住所地を管轄する家庭裁判所に申立書および関係書類一式を提出し、後見等開始の申し立てをします。・・・続きを見る

  • 任意後見の手続き

    任意後見の場合は、公証役場において公正証書による任意後見契約書を作成します。・・・続きを見る

  • 後見人への報酬は

    後見人等への報酬は、法定後見と任意後見で異なります。・・・続きを見る

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護とお金 >  介護費用 法律編 >  成年後見制度