MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  介護のリスクマネジメント >  辞めない介護現場づくり >  第2回 採用人材への研修・OJTをどう進めるか?

辞めない介護現場づくり

第2回 採用人材への研修・OJTをどう進めるか?

<ポイント1>現場スタッフの「どんな能力」を養うのか?

 採用した人材を育てるべく、介護現場ではさまざまな研修が行なわれています。制度面でも、例えば訪問介護の特定事業所加算を取得する際に、現場ヘルパーへの研修計画の策定を要件とするなど、積極的な人材育成を図ることを強く求めるケースが見られます。
 ただし、大切なのは、計画的な人材育成が現場サービスの質に着実に結びつくことです。そのためには、「サービスの質を高めるためには、スタッフのどんな能力を鍛えればいいのか」を見極めることが必要です。
 介護職の技能というと、スムーズな体位交換や安全な移動・移乗の介助といった「身体に覚えさせる技術」が中心となりがちです。確かに大切なポイントではありますが、利用者の状況は十人十色であることを考えれば、①養成研修等で学んだ基本的な介護技術を再確認しつつ、②サービスの質にどうつなげていくのか、という点を重視したいものです。
 そのためには、身体で覚える技術と同時に、利用者の状況を正確に察知するための「洞察力」や、利用者の抱えるさまざまな課題を解決に導く「課題解決の思考力」を伸ばしていくことを考えましょう。また、心身への負担がかかりやすい介護現場においては、「今、自分の体調や心の状況がどうなっているか」を振り返る力も必要です。これを仮に、自らを省みる力と書いて「自省力」と呼びます。
 この「洞察力」「課題解決思考力」「自省力」の三本柱をしっかりと鍛えることが、身体で覚えた介護技術を生かす土台となります。

第2回 採用人材への研修・OJTをどう進めるか?

MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  介護のリスクマネジメント >  辞めない介護現場づくり >  第2回 採用人材への研修・OJTをどう進めるか?