MY介護の広場トップ >  キッズ >  「認知症(にんちしょう)」について考えよう

「認知症(にんちしょう)」について考えよう

 脳(のう)は、わたしたちのほとんどあらゆる活動をコントロールしている司令塔(しれいとう)です。
 認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞(さいぼう)が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障がい(しょうがい)が起こり、生活するうえでいろいろ困(こま)ったことが起きる病気です。
 ここでは、認知症になってしまったおじいちゃん、おばあちゃんの行動を見ながら、認知症についていっしょに考えていきましょう。

あなたならどうする?①

家族全員で朝ご飯を食べました。それなのにおばあちゃんは、「わたしはまだ朝ご飯を食べていない。早く作ってちょうだい」とおかあさんに言います。

あなたならどうしますか?下から1つえらんでください。

あなたならどうする?②

おばあちゃんはトイレに間に合わずに、廊下(ろうか)でおもらしをしてしまいました。

あなたならどうしますか?下から1つえらんでください。

あなたならどうする?③

 ある日おばあちゃんが「わたしのお財布(さいふ)が見つからない。おかあさんが盗んだ」などと、とんでもないことを言いはじめました。おかあさんもわたしたちもびっくり。

あなたならどうしますか?下から1つえらんでください。

あなたならどうする?④

 おじいちゃんは昼間はじっとしていることが多いのですが、夜中になると家中の電気をつけて、おかあさんを大声で呼びます。

あなたならどうしますか?下から1つえらんでください。

あなたならどうする?⑤

 おばあちゃんは夕方になると、自分の家にいるのに「帰る」と言って玄関(げんかん)から出ていこうとします。

あなたならどうしますか?下から1つえらんでください。

小学生のための海のかんきょう学校

「みんなのおじいちゃんはベスト10入りしているかな?」

明治安田生命の生まれ年別の名前調査 名前ランキング 明治安田生命の生まれ年別の名前調査 名前ランキング

キッズアンケート