MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  大人の「塗り絵」教室 >  塗り方のポイントと見本

塗り方のポイントと見本

塗り絵は自分らしく自由な発想で楽しんでください。

しかし、少しポイントを押さえると、さらに豊かな表現ができるかもしれません。ここでは、すぐに活用できる塗り方のポイントをまとめました。

さらに、塗り方の「見本」がほしい方、他の人がどのように塗っているのか知りたい方のために、原作者による塗り絵の見本と、読者の方に塗っていただいた作品もご用意しました。

塗り方のポイント

1.絵柄の縁から塗る

 まず、絵柄の縁を先に縁取りします。その後、内側を塗りましょう。
薄い色から塗り始め、濃い色を塗っていくと、全体のバランスが良くなります。

2.色を重ねる

 色を何色も重ねることで、奥行きの深い表現ができます。

 また、陰の部分を濃く塗ることで立体感がでます。

3.余白を残す、絵柄をはみだす

 絵柄の縁のギリギリまで塗らず、余白を残したり、縁からはみ出させると、メリハリや勢いがでます。

4.絵柄に自分の絵を足す

 塗り絵に自分の絵を足してみましょう。
例えば、うちわは無地ですが、水玉模様をつけています。

 また、風景は空にあたる余白の部分に山の絵を描いています。
このような工夫で、さらに自分らしい作品に仕上がります。

5.画材の特徴を知り活かす

 1.色鉛筆

 塗り絵に最も人気がある画材で、どの絵柄にも向いています。
色鉛筆は立てて使うとシャープな印象に仕上がりますし、ねかせて使うと柔らかな印象に仕上がります。

 2.マーカー(フェルトペン)

 発色が良く、鮮やかな印象に仕上がります。はっきりとした絵柄が向いていますが、細かい部分も塗りやすいので部分的に使ってもいいでしょう。
マーカーは一般的に、筆圧の弱い方でも楽に塗れます。

 3.パステル

 粉状になるので、指でこすったり、ぼかしたりすると柔らかな風合いが出ます。
筆圧が弱い方でも簡単に色をつけることができます

 4.水彩色鉛筆

 色鉛筆のように塗ってから、水で濡らした筆でなでるとぼかすことができ、水彩絵の具に変わります。また、水で濡らすと色を混ぜることができます。
面積の大きい絵柄、花やグラデーションをつけたい絵柄に向いています。

目次に戻る

塗り絵の見本

『大人の「塗り絵」教室』の塗り絵の原作者が塗りました。参考にしてください。

避暑地の思い出

元の塗り絵はこちら

目次に戻る

読者の作品

読者の方に塗っていただきました。

立葵の作品例

作品例1

作品例2

作品例3

作品例4

うさぎのダンスの作品例

作品例1

作品例2

作品例3

作品例4

目次に戻る

高齢者のためのレクリエーションで知っておきたいことは?

MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  大人の「塗り絵」教室 >  塗り方のポイントと見本