MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  布手芸・小物・おもちゃ作り >  割り箸の額縁(型紙付き)

布手芸・小物・おもちゃ作り

割り箸の額縁(型紙付き)

 割り箸を接着剤で貼りながら積み上げていくと、格子のようなおしゃれな額ができあがります。
 ミニ色紙をちょうど挟むことができ、プレゼントにしてもたいへん評判のいい作品になります。

用意するもの

割り箸・・・15膳

障子紙もしくは白い紙

木工用接着剤

色紙

姉様人形

割り箸の額縁の型紙

作り方

【1】
割り箸を2膳ずつ6段積み上げていきます。最初の段には写真のように、2膳の割り箸の内側に、割り箸を割って1本ずつにしたものを4cmずつ間をあけて2本並べます。

【2】
2段目は1段目に対して直角に割り箸を乗せます。位置が決まったら、1段目と重なる部分に木工用接着剤をつけて固定します。2段目も1段目同様、2膳の割り箸の内側に、割った割り箸2本を渡します。

【3】
3段目と4段目は、内側の2本はなく、端の2膳の割り箸だけを重ね接着剤で留めます。

【4】
割り箸の1本を5cmに切ります。1つの角の3段目と4段目の割り箸にかかるように、切った割り箸をななめに渡し、接着剤で留めます。

【5】
5段目と6段目を接着剤で留めながら重ねていきます。

【6】
段の間から色紙を入れて接着剤で固定し、色紙の上に姉様人形などを貼ります。

【7】
裏には障子紙を切って貼ります。上になる角には紐を通します。

MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  布手芸・小物・おもちゃ作り >  割り箸の額縁(型紙付き)