MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  心を開く回想法 >  2.回想法の効果

2.回想法の効果

 回想はごく自然に起こる現象ですから、時間も空間も自由に行き来します。
 回想法は「ただ、思い出を話してもらえばよい」というものではありません。専門的な勉強をして、それから実施するのがよいでしょう。

 回想法の効果には「個人、個人内面への効果」と「社会的、対人関係的、対外的世界への効果」があげられます。

(1)個人、個人内面への効果

  • 過去からの問題の解決と再組織化および再統合を図ります。
  • アイデンティティーの形成に役立ちます。
  • 自己の連続性への確信を生み出します。
  • 自分自身を快適にします。
  • 訪れる死のサインに伴う不安を和らげます。
  • 自尊感情を高めます。

(2)社会的、対人関係的、対外的世界への効果

  • 対人関係の進展を促します。
  • 生活を活性化し、楽しみをつくります。
  • 社会的習慣や社会的技術を取り戻し、新しい役割りを担います。
  • 世代交流を促します。
  • 新しい環境への適応を促します。

 回想法の効果は高齢者の変化に加えて、職員の変化および家族への効果も期待されます。

 それは、高齢者の個性、歴史、背景への理解を深め、かけがえのない存在として尊敬の念を抱かせるようになります。そしてそのことは、職員や家族の、より質の高いケアへの意欲につながります。

高齢者のためのレクリエーションで知っておきたいことは?

MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  心を開く回想法 >  2.回想法の効果