MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  病気と介護 >  あなたの認知症理解度チェック >  MCI(軽度認知障害)とは

認知症になる前に気をつけよう MCI(軽度認知障害)MCI(軽度認知障害)とは

MCI(軽度認知障害)とは、認知症になる一歩手前の予備群の状態をいいます。
認知機能は、MCIの段階を経て緩やかに低下するため、日常生活に支障が出ないからといって放置していると、認知症に移行しやすくなります。MCIのうちに早期発見し、一歩手前でブレーキをかけることが大切です。

認知機能低下のイメージ

認知機能低下のイメージ

予備軍のうちに気が付いて、頭と体を刺激すれば、認知症に突入せずに済みます。一歩手前でブレーキを!

65歳以上の高齢者人口における
MCI・認知症患者数(2012年)

正常

2,217万人

MCI

400万人

認知症

462万人

資料:厚生労働科学研究費補助金
 認知症対策総合研究事業
「都市部における認知症有病率と
認知症の生活機能障害への対応」
(平成23年度~平成24年度総合研究報告書)

認知症になる前に気をつけよう MCI(軽度認知障害)

認知症になる前に気をつけよう
MCI(軽度認知障害)

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  病気と介護 >  あなたの認知症理解度チェック >  MCI(軽度認知障害)とは