MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  皆で作る季節の壁画 >  みのむし

皆で作る季節の壁画

みのむし

 木立の中を歩いていると、みのむしに出会うことがあります。
 風に揺れる姿に、季節の移り変わりを感じるとともに、子ども時代を思いだす人もいるのではないでしょうか。

 今回は、みのむしをユーモラスにデザインした壁画です。使う色によってイメージが大きく変わります。好きな色を選んでお楽しみください。

 ハサミやカッターを使う時は十分にご注意ください。

用意する物

台紙
クリーム色 四六 4切り 2枚(または色模造紙 1/2枚)
茶色 四六 4切り 1枚
みのむし:6個
折り紙(15㎝× 15㎝ ) 赤、青、紺、オレンジ、黄緑 各1枚 計5枚
葉っぱ:13枚
折り紙(15㎝× 15㎝ ) オレンジ、深緑、エンジ、黄色、からし色 各1枚 計5枚

型紙:印刷してご利用ください。
みのむしパーツ みのむしの目、葉っぱの型紙はこちら

その他:のり、ハサミ、カッター、定規、えんぴつ、マジックペン

作り方

【1】初めに、みのむしを貼る台紙を作ります。

クリーム色の用紙2枚をのりでつなげて1枚にします。
(色模造紙1/2枚の場合はそのまま利用します)

できあがり図を参考に、茶色の用紙で枝を作り台紙に貼ります。
できあがり図の枝は1番太いところで3㎝を目安にしています。


【2】6個のみのむしを作ります。

①型紙を用いて、みのむしの目を6対切り抜きます。

②できあがり図を参考に、みのむしの目を貼ります。

③みのむしの「みの」を作ります。
折り紙に1㎝間隔で線を引いた後、四つ折りにし、線と折り目を目印に切り取ります。
1枚の折り紙で60枚の短冊(1㎝×3.75㎝)ができます。

④③で切った短冊を、それぞれの色を10枚ずつ、六つに分けます。
一つのみのむしに一つのかたまりを用います。

⑤できあがり図を参考にしながら、④の短冊をみのむしの形になるように貼っていきます。
短冊の色は5色ですが、貼る順番は自由です。貼るときに菱形を意識するといいでしょう。

 ここでは、一つのみのむしに、40枚前後の短冊を貼りました。
枚数が少なければ痩せたみのむし、多ければ太めのみのむしができます。


【3】葉っぱを作ります。

型紙を用いて、折り紙を葉っぱの形に切り抜きます。
好きな形を選んで切り抜いてください。枚数に決まりはありません。
できあがり図は13枚の葉っぱを用いてます。


【4】みのむしと枝をつなぎます。

茶色の用紙を用いて5㎜×30㎝の線状の用紙を5本切ります。
それを、枝とみのむしの間に、長さを調整しながら貼ります。
右端の曲線はマジックペンなどで書きます。


【5】できあがり図を参考にしながら、葉っぱを貼ればできあがりです。


【6】なお、複数枚つなげても楽しい作品になります。

皆で作る季節の壁画