MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  心を開く回想法 >  6.すぐに役立つ回想法ツール >  48代横綱 大鵬幸喜(たいほう こうき)

48代横綱 大鵬幸喜(たいほう こうき)

48代横綱 大鵬幸喜(たいほう こうき)

(C)公益財団法人日本相撲協会

回想のヒント

  • 昭和15年生まれ。樺太敷香郡敷香町出身。出生直後に母親とともに樺太から引き揚げ、北海道弟子屈町で育つ。父親はウクライナ人、母親は日本人。子ども時代は貧しく、家計を助けるため納豆を売り歩いていたこともある。定時制高校を中退して相撲部屋に入門、史上初の記録を次々と打ち立てていく。
  • 柏戸とともに「柏鵬時代」と言われる相撲黄金時代を築く。当時の子どもに人気のあるものを並べて「巨人・大鵬・卵焼き」などともてはやされた。
  • 大鵬の取り組みの時は銭湯の女湯ががらがらになったほどだという。また、全盛期には大鵬にあやかって「幸喜」と命名された男児が多くいたという。
  • 人格者として知られ、多くの後輩に慕われた。

Get ADOBE READER
PDF画面を開くためには「Acrobat Reader4.0」以上、または「Adobe Reader」などのソフトが必要です。
お持ちでない方は右記バナーをクリックして入手してください。

高齢者のためのレクリエーションで知っておきたいことは?

MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  心を開く回想法 >  6.すぐに役立つ回想法ツール >  48代横綱 大鵬幸喜(たいほう こうき)