MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  心を開く回想法 >  6.すぐに役立つ回想法ツール >  58代横綱 千代の冨士貢(ちよのふじ みつぐ)

58代横綱 千代の冨士貢(ちよのふじ みつぐ)

58代横綱 千代の冨士貢(ちよのふじ みつぐ)

(C)公益財団法人日本相撲協会

回想のヒント

  • 昭和30年生まれ。北海道松前郡福島町出身。子どもの頃から家業の漁師を手伝い、足腰が鍛えられ運動神経が抜群だった。とくに陸上競技で「オリンピック出場も夢ではない」と言われた。中学時代、力士として勧誘されたが両親が大反対し、自身も乗り気ではなかった。試しにと入った九重部屋で頭角を現す。
  • 身体は大きくないが、気性の激しさを表す取り口が人気を博し、「ウルフ」と呼ばれる。1981年同一年中に、関脇、大関、横綱の3つの地位で優勝するという相撲史上初の記録を打ち立て「ウルフ・フィーバー」を巻き起こした。
  • さらに30代に入ってからも活躍が続き、53連勝を記録する。速攻と上手投げを得意とし「千代の富士時代」を築き上げる。平成元年、大相撲初となる「国民栄誉賞」を受賞する。

Get ADOBE READER
PDF画面を開くためには「Acrobat Reader4.0」以上、または「Adobe Reader」などのソフトが必要です。
お持ちでない方は右記バナーをクリックして入手してください。

高齢者のためのレクリエーションで知っておきたいことは?

MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  心を開く回想法 >  6.すぐに役立つ回想法ツール >  58代横綱 千代の冨士貢(ちよのふじ みつぐ)