MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  皆で作る季節の壁画 >  流し雛

皆で作る季節の壁画

流し雛

 「源氏物語」に出てくるほど歴史が古い「流し雛」。豪華な「飾り雛」とはまた違う、素朴なお祭りとして各地で受け継がれています。
 地方によってお祝いの形はさまざまですが、紙などで作られた簡単な人形を用いることは共通しています。

 「雛祭り」は心華やぐ行事で、何歳になっても楽しみなもの。折り紙、切り絵などを用意しましたので、作る方の状態に合わせてお楽しみください。

用意する物

  • 台紙:色模造紙1/2枚
  • 川:色模造紙1/2枚
  • 流し雛:厚手のA4用紙 3枚
  • 流し雛の入れ物:A4用紙 6枚
  • 桃の花:折り紙 7.5㎝×7.5㎝ 40枚
  • スズランテープ: 1m 6本
  • ハサミ・のり・両面テープ

予算(参考価格) 約340円

  • 台紙:色模造紙1/2枚 40円
  • 川:色模造紙1/2枚 40円
  • 流し雛:厚手のA4用紙 3枚 60円
  • 流し雛の入れ物:A4用紙 6枚 120円
  • 桃の花:折り紙 7.5㎝×7.5㎝ 40枚 80円
  • (予算外 のり・両面テープ・スズランテープ)

作り方

【1】

色模造紙中央に、斜めに川を貼る。


【2】

①流し雛の入れ物を作る。

②輪の方にテープ(約1m)を巻く。

③2つを張り合わせる。


【3】

流し雛(型紙)に厚紙を張り合わせた後、切り抜く。


【4】

桃の花を作る。


【5】

流し雛の入れ物と流し雛を組み合わせ、川の上に貼る。


【6】

桃の花を、全体のバランスを見ながら、台紙の上に貼る。



【7】

全体のバランスを確認して出来上がり。

皆で作る季節の壁画