MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  皆で作る季節の壁画 >  こいのぼり

皆で作る季節の壁画

こいのぼり

 青空に元気に泳ぐ「鯉のぼり」は江戸時代中期に原型ができたと言われています。端午の節句に飾られ、日本の風物詩になっています。

 伝統的な鯉のぼりを作るとなると、一つ一つに意味があり、うろこの数も決まっているなど数々の約束事があります。また地域によっても違いがあります。
 鯉のぼりの色も、現在は黒・赤・青が一般的ですが、黒一色の時代もありました。

 今回は、伝統にこだわらず、好きな色の用紙で作ります。お好みの用紙でオリジナルの鯉のぼりを楽しんでください。また紙ではなく布を貼っても、個性的な作品が出来上がります。

用意する物

  • 台紙:色模造紙1/2枚
  • 吹流し・棒(ポール):色画用紙A4サイズ 6枚
  • 鯉のぼり・ポール先端の飾り:折り紙15㎝×15㎝ 18枚
  • あやめ:折り紙 12枚
  • コンパス・のり・両面テープ・ハサミ

予算(参考価格) 約130円

  • 台紙:色模造紙1/2枚 40円
  • 吹流し・棒(ポール):色画用紙A4サイズ 6枚  60円
  • 鯉のぼり・ポール先端の飾り:折り紙15㎝×15㎝ 18枚 18円
  • あやめ:折り紙 12枚 12円
  • (予算外 コンパス・のり・両面テープ・ハサミ)

作り方

【1】鯉のぼりを立てる棒(ポール)と、先端の飾りを作ります。

棒(ポール)は、まず茶色の色画用紙を6㎝幅に切ります。それを三つ折りして厚みを出し、約60㎝になるように繋げます。

先端の飾りは、折り紙に直径13㎝の円を描き、1.5㎝幅の輪になるように切り抜きます。さらに1.5㎝×11㎝の長方形の折り紙を3枚用意し、図のように貼ります。



【2】吹流しを作ります。

①色画用紙を4㎝幅に切り、38㎝になるようにつなげ5本用意します。
色はできれば、赤・青・黄・白・紫(黒)がいいでしょう。

②5枚を貼り合わせます。


【3】赤色をベースにした鯉のぼりを作ります。

①赤い折り紙を10㎝×21㎝幅になるように貼り合わせ、鯉のぼりの胴体になる部分を作ります。

②うろこにする、好きな折り紙を用意します。

③鯉のぼりの、顔と尾の部分の型紙をプリントアウトします。

④直径3㎝程度の円を切り抜きます。(55~60枚程度)
うろこの大きさは正確に測らなくても美しく仕上がります。ペットボトルのキャップ(約3㎝)などで、丸の形をとると簡単です。

⑤尾にあたる部分から、重ねて貼っていきます。

⑥うろこを全部貼り終わったら、型紙から切り抜いた頭と尾の部分を貼り付けます。


【4】同様に、黒色をベースにした鯉のぼりを作ります。

作り方は【3】を参照してください。


【5】同様に、黄色をベースにしたサイズが小さい鯉のぼりを作ります。

①黄色い折り紙を7.5㎝×16㎝幅になるように貼り合わせ、鯉のぼりの胴体になる部分を作ります。

②直径2㎝程度の円を切り抜きます。(50枚程度)

③作り方は【3】を参照してください。


【6】あやめの花と葉を作ります。

①材料の折り紙を用意します。

②あやめの花を折ります。葉の部分は好きなように切ってください。


【7】全体のバランスを見ながら、台紙の上に貼ります。

①棒(ポール)に、吹流し、鯉のぼりを貼り、紐を書きます。
鯉のぼりは、均等に貼りますと勢いが感じられませんので、風が吹いていることをイメージしながら貼るといいでしょう。

②足元に、あやめの花と葉をバランス良く貼れば出来上がりです。

皆で作る季節の壁画