MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護予防と健康維持 >  色弱の人の見え方 >  5.色弱者に対する支援

5.色弱者に対する支援

 多くの人が情報を正確に受け取れるということは、社会全体が暮らしやすくなるということです。
 だれもが安全で安心に暮らせる社会のために、工夫をすることが必要です。

  • 色はわかりやすいものにすること
  • 色以外の方法でも伝えること
  • 色の名前では伝わらないことがあること

 現在は、色弱の人のために多くの支援ツールもでています。

 人類は多様な色覚が互いに助け合って進化してきました。
 誰もが自分の色の見え方が尊重され、多様性を認められる社会にしましょう。

執筆・監修・資料提供
特定非営利活動法人
カラーユニバーサルデザイン機構CUDO
伊賀公一

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護予防と健康維持 >  色弱の人の見え方 >  5.色弱者に対する支援