MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康寿命の延伸アクションプラン >  あなたの気になる健康維持ポイント!男性 - ホルモン:男性ホルモン・ED

ホルモン

男性ホルモン・ED

働き盛りの世代を襲う!
男性の更年期障害

40代~50代のサラリーマン世代。体は健康なはずなのに「なんだかイライラする」「食欲や性欲がない」などの症状が感じられるなら、更年期障害かもしれません。更年期障害は、女性だけでなく男性にも起こることがあります。

男性の更年期障害が起こる時期は個人差が大きく、どの年代でも起こる可能性がありますが、40代後半ごろから増えて、最も多いのは50~60代と言われています。

男性更年期障害とは、加齢に伴う男性ホルモン「テストステロン」の低下によって引き起こされる症状のこと。医学上はLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と呼ばれていて、さまざまな症状が心身に現れます。

心の症状には、興味や意欲の喪失、不眠、イライラ、不安、憂うつなど。一方、体の症状には、関節痛、筋肉痛、発汗、ほてり、疲れやすい、肥満、頻尿、性機能の低下などが挙げられています。テストステロンの働きが顕著に影響する生殖器の場合、早朝勃起の減少や勃起不全(ED)などの症状が見られます。

当てはまるものがあるかも!
知っておくべきEDの種類

「ED(勃起不全・勃起障害)」には、実は複数のタイプがあります。精神的なストレスが原因で勃起不全に陥るのが「心因性ED」です。満足な性行為へのプレッシャーだけでなく、仕事や生活環境のストレスなども原因になります。克服するには精神的ストレスやトラウマなどを取り除く必要があり、心理カウンセラーなどの専門家に相談するのもひとつの方法です。

血管や神経の障害で起こるのが「器質性ED」。加齢による血管などの老化が原因で、スムーズに海綿体に血液が送られずEDになるケースがあります。

脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経が障害される病気や、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、一部の泌尿器系の病気でもEDが起こりやすくなります。

ほかにストレスと血管や神経の障害の要素が合わさった「混合性ED」、服用している薬の副作用で引き起こされる「薬剤性ED」もあります。

EDの治療は、一般的には、内服の治療薬で進められることが多いようです。陰茎への注射や補助器具による治療も併用して回復に導く場合もあります。EDの兆候が見受けられたら、医療機関に受診することをおすすめします。不安やストレスでますますEDを悪化させてしまいかねません。

更年期障害が
疑われるようなら、
泌尿器科へ

男性は、女性の閉経にあたる生理的変化がないため、さまざまな症状に見舞われても「頑張れば何とかなる」とやり過ごし、さらに悪化させる傾向があります。

40~50代の更年期障害は、ストレスが引き金となり発症する傾向があり、心療内科や精神科を受診する人も多いようです。しかし、性欲の減退など男性特有の更年期障害が疑われる場合は、泌尿器科を受診しましょう。

最近では、男性更年期外来やメンズヘルス外来などの専門外来を設けている医療機関もあります。診断は、一般的に問診と血液検査によって行われます。心身にどのような症状が出ているか、性機能の低下がないかなどの確認や血液検査で、男性ホルモンが十分に分泌されているかどうかを調べます。

日々のケアでできる!
男性ホルモン分泌促進法

男性の更年期障害と診断されたら、男性ホルモンの低下を防ぎ、分泌を高める生活スタイルへ見直しをしましょう。まず、ストレスをためないようにすること。過剰なストレスがかかると、精巣で男性ホルモンをつくる能力が落ちてしまいます。毎日の入浴でリラックスしたり、趣味を楽しむなど上手にストレスを解消することが大切です。

趣味を選ぶなら、スポーツや囲碁や将棋のようなゲームなどの競い合うようなものにすることで、男性ホルモンが分泌されます。競い合うものでなくても、腕立てや筋トレ、ジョギングなど体の大きな筋肉に刺激を与える、少し息切れするくらいの運動は短時間でも男性ホルモン分泌促進の効果が期待できます。

運動は10分程度でもよいので時間を見付けてコンスタントに行なうとよいでしょう。また、眠っている間に男性ホルモンが分泌されるので寝不足もNGです。

バランスのとれた食生活を心がけることはいうまでもありません。中でもニンニク、タマネギなどのネギ類や、ヤマイモなどのネバネバ食品は、男性ホルモンの増加に効果があるといわれています。身体のべ一スをつくる艮質のタンパク質とあわせてバランスよく食事に取り入れましょう。

あなたの気になる
健康維持ポイント!<男性>

あなたの気になる
健康維持ポイント!<共通>

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康寿命の延伸アクションプラン >  あなたの気になる健康維持ポイント!男性 - ホルモン:男性ホルモン・ED