MY介護の広場トップ >  介護従事者・事業者のみなさま >  高齢者レクリエーション >  皆で作る季節の壁画 >  七夕

皆で作る季節の壁画

七夕

 「七夕」は別名「星祭り」とも言われ、五節句のひとつとして広く親しまれています。
 今回の壁画は、「七夕」にちなむ織姫と彦星がテーマです。
 織姫と彦星が1年に一度だけ会えるとされる7月7日は、物語とわかっていても晴れることを願わずにいられません。皆さんで「七夕」の思い出などを話し合いながら作ってはいかがでしょうか。
 ハサミやカッターを使う時は十分にご注意ください。

用意する物

  • 台紙:色模造紙(濃紺) A1サイズ 1枚
  • 星空・星:色模造紙(濃い青・黄・橙・紫) A2サイズ 各1枚
  • 型紙:織姫・彦星・星 各1枚
  • その他:パステルもしくは色鉛筆 (青・紫など)
    のり・ハサミ

予算(参考価格) 約200円

  • 台紙:色模造紙(濃紺) A1サイズ 1枚 40円
  • 星空・星:色模造紙(青・黄・橙・紫) A2サイズ 4枚 160円
  • (予算外 パステルもしくは色鉛筆・のり・ハサミ)

作り方

【1】台紙(濃紺の用紙)の中央に、濃い青の用紙を用い、天の川を切り抜いて貼ります。

天の川は好きな形で作りましょう。

【2】型紙を用いて、織姫、彦星、星(好きな数だけ)を切り抜きます。

星はいろいろな大きさをご用意しました。作る方に合わせてご利用ください。

<星の形>

<織姫>

<彦星>


【3】空と天の川の境目をパステル(もしくは色鉛筆)でぼかします。

切り抜いた星を貼っていきます。星は大きなものから貼るといいでしょう。
完成して壁に貼った時に、星が落ちてこないようにのりをつけます。

【4】大きさや色の違う星を重ねていきます。

あまり大きくない星は、中央にのりをつけ、あとは浮かせるように貼ると立体感が出ます。

【5】小さめの星を5~6枚残し、全ての星を貼ります。

夜空にパステル(もしくは色鉛筆)で丸くぼかしを入れます。

【6】最後に織姫と彦星を貼り、足元にパステル(もしくは色鉛筆)でぼかしを入れます。

残しておいた小さめの星を散りばめれば出来上がりです。

皆で作る季節の壁画