MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  40歳からの加齢性難聴 >  6.自分の声を模擬難聴変換してみよう

6.自分の声を模擬難聴変換してみよう

 自分の話す声は人にはどのように聞こえているのでしょうか。まずはそれを知ることから始めましょう。

 皆がスムーズにコミュニケーションを取るための練習ツール「想いやりトーク」を活用してみましょう。

 「想いやりトーク」では、あなたの声を模擬難聴変換して聞くことができ、あなたの話すスピードや子音の発音の仕方を判定してくれます。

 さらに、加齢性難聴の方に伝わりやすい話し方をトレーニングしたプロのナレーターによる理想の話し方(お手本)を聞きながら、想いやりのある話し方を練習することができます。

 皆が、「想いやりトーク」をできる社会って、素敵だと思いませんか?


MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  40歳からの加齢性難聴 >  6.自分の声を模擬難聴変換してみよう