MY介護の広場トップ >  キッズ >  かいごについての みんなのギモン >  Q4

男の子Q4

おばあちゃんは、少しでも身体を動かそうとリハビリテーションをがんばっています。ぼくが、おばあちゃんのリハビリテーションを応援(おうえん)するために何かできますか?

介護従事者A4

起きる、こしかける、立つ、歩く、手すりにつかまる、つえをつくなど、おばあちゃんが自分の力をつかって動くためには、全身のリハビリテーションが必要です。
リハビリテーションは、それぞれの人に合わせておこなう体操といえます。

まずお医者さんに、おばあちゃんのリハビリテーションについて、お話をうかがってみるのが大切です。それからお医者さんに、あなたができることや手伝えることを直接聞いてみましょう。よいアドバイスをくれるかもしれません。

福祉用具 お医者さんのアドバイスにしたがって、お手伝いしましょう。その時も、あなたのお母さんやお父さんといっしょにお手伝いしたほうが安心です。
またリハビリテーションも、おばあちゃんのペースにあわせて、むりせずおこないましょう。


指導者・保護者の皆様へ

脳出血 くも膜下出血 脳梗塞 廃用症候群 骨折 関節リウマチ 心筋梗塞
について、それぞれリハビリテーションの解説ページを設けています。
必要に応じてご参照ください。
実際のリハビリに当たっては、医師等の指導に従ってください。
キッズメニュー

おとしよりを知ろう

「認知症(にんちしょう)」に
ついて考えよう

老人ホームへ行こう

体けんしてみよう!目と耳のふしぎ

かいごについての みんなのギモン

こども図書館

指導者・保護者のみなさまへ