MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  病気と介護 >  廃用症候群の予防

廃用症候群の予防

廃用症候群の予防

 高齢者は身体を使わないことによる廃用症候群を起こしやすく、いったん起こしてしまうと、その症状が原因となって、さらに体を動かさなくなり、いっそうの廃用症候群の進行を招いてしまうことから、廃用症候群は予防することが何より重要です。廃用症候群の予防には、機能訓練や日ごろ行なう運動を含む活動的生活習慣の形成が有効といえます。

1.筋肉量や筋力増加の観点から

 骨格筋量の低下と密接にかかわっている不使用を解決する方法は運動です。高齢者においても軽い筋力強化運動を長期間行なうことによって骨格筋量の増大、筋力向上の効果は充分認められています。特に、高齢期には歩行機能の維持・向上、転倒予防に焦点を当てた運動を行なうべきです。従って、高齢者の歩行障がいあるいは転倒と密接にかかわっている前脛骨筋、大腿四頭筋、腸腰筋、大腿筋膜張筋、縫工筋、ハムストリング、下腿三頭筋を集中的に鍛える運動が必要です。

2.骨量の維持・増加の観点から

 骨萎縮を予防するためには、食事でカルシウムをとる、運動をする、日光を浴びることがポイントです。丈夫な骨を作るためにはカルシウムをとるだけでは不充分です。運動によるメカニカルストレスが骨に掛かると骨は強くなり、逆に骨に力が加わらなければ丈夫である必要がなくなり骨は弱くなっていくので、年齢や体力に応じて無理のない運動を継続することが大切です。骨を強くするには、骨に圧迫力、衝撃力の加わる運動が有効ですが、骨が弱くなっている高齢者はまず無理なくできるウォーキング、ゲートボール、グラウンドゴルフなど各自の能力に応じて長く続けることが大切です。

3.関節可動域の拡大の観点から

 人間の体は、動かさなければ固まってしまう(拘縮)ので、拘縮予防の為に関節可動域運動が必要です。各関節を全可動域にわたり動かす運動を少なくとも1日1度は行ないます。その次に心がけなければならないことは、手足のマッサージで血行を良くし、新陳代謝を促進することです。

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  病気と介護 >  廃用症候群の予防