MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護予防と健康維持 >  よくわかるフレイル・サルコペニア予防シリーズ >  第3回 自分で防ごう!「転倒・骨折」【1.【はじめに】骨を丈夫にし、転倒を防ぐ対策をしましょう!】

1.【はじめに】骨を丈夫にし、転倒を防ぐ対策をしましょう!

監修:小川純人
(東京大学大学院医学系研究科 加齢医学准教授)

 転倒した際に、骨折したことがきっかけで、要介護、寝たきりに...。そんな話を耳にしたことはありませんか?
 高齢になると、筋力やバランス能力が低下して、動作も緩慢になり、転倒しやすくなります。

 さらに、高齢者は骨量が減少し、骨粗しょう症になっている人が多く、ちょっとしたことで骨折しやすいのです。
 毎日を元気に過ごすために、正しい知識で、転倒・骨折を防ぎましょう。

「転ばぬ先の杖」という言葉がありますが、転倒・骨折を避けるために、ぜひ自分でできる対策をしておきましょう。


家庭内事故を防ごう 家庭内の4大事故「転倒・入浴・誤嚥・やけど」を防ぐポイントを解説!

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護予防と健康維持 >  よくわかるフレイル・サルコペニア予防シリーズ >  第3回 自分で防ごう!「転倒・骨折」【1.【はじめに】骨を丈夫にし、転倒を防ぐ対策をしましょう!】