MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  病気と介護 >  脳出血の概要

脳出血の概要

脳出血の概要

「脳出血」は脳の血管が破れてしまい、脳内に出血が起きる病気です。

 「脳出血」とは「脳溢血」と呼ばれることもあります。脳の血管が破れてしまい、脳内に出血、その血液が「血腫」という血の塊となり、脳を圧迫することで脳機能にさまざまな障がいが生じます。

 脳出血のなかで最も頻度が高いのは「高血圧性脳内出血」で、その名のとおり血管が破れる原因が「高血圧」によるものです。高血圧により脳内の血管に負担がかかり、血管壁が脆くなり、やがては裂け目ができたりして、血管が破裂することで脳出血を引き起こします。

 脳の血管が詰まったり破れたりして、脳に血液が届かなくなり、脳細胞が壊死してしまう「脳血管疾患」の総称を「脳卒中」と言い、大きく「くも膜下出血」「脳出血」「脳梗塞」の三つに分かれます。

 「脳卒中レジストリを用いた我が国の脳卒中診療実態の把握(日本脳卒中データバンク)報告書;2018年」によると、「脳卒中」のうち「脳梗塞」は75.6%、「脳出血」は19.8%、「くも膜下出血」は4.6%となっています。

「脳卒中」(「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」の総称)について
知りたい方は、こちらもご覧ください。

「脳卒中」の原因のひとつ「動脈硬化」の進行度をチェックしてみましょう!

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  病気と介護 >  脳出血の概要