MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  病気と介護 >  脳梗塞の前兆

脳梗塞の前兆

脳梗塞の前兆

脳梗塞は「FAST」が肝心。

 サインを見逃さないようにしましょう。

 脳梗塞に対するイメージから「意識を失って倒れる病気」と思いがちですが、それは症状の一部です。倒れなくても必ず何かしらの異変(サイン)が訪れます。

 多くの場合、右半身か左半身の手足に力が入らなくなったり、痺れたりする運動麻痺が起こります。この運動麻痺は顔面に起きることも多く、顔の右半分や左半分が下がったりして歪んだ表情になります。このように麻痺や痺れが身体の半分に起こった時は、脳梗塞の可能性が非常に高いと言えます。

 また、ろれつが回らなくなったりする「構音障がい」や、喋れなくなってしまったり、言葉や文字が理解できなくなる「失語症」なども脳梗塞の症状の一つです。

 さらに、意識が低下したり、めまいがして身体のバランスが取りにくくなったり、吐き気を感じたり、急に目が見えにくくなったり、二重に見える場合なども脳梗塞が疑われます。

 このような症状をひとつでも感じたら、夜中であろうと休日であろうと、ただちに119番に電話して救急車を呼び、脳梗塞の専門医がいる病院まで搬送してもらうことが大切です。大げさだと思わずに、ぜひ救急車を呼んでください。また、救急隊員にはいつまで普通の状態だったかの「発症時刻」を伝えるようにしてください。

 Face(顔)・Arm(腕のまひ)・Speech(ことばの障がい)・Time(迅速な対応や発症時刻)の4つ「F・A・S・T」を、ぜひ覚えておいてください。

気になる異変があったら診察を受けよう。

「脳卒中」(「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」の総称)について
知りたい方は、こちらもご覧ください。

「脳卒中」の原因のひとつ「動脈硬化」の進行度をチェックしてみましょう!

お受け取りがわかりやすいシンプルで
幅広な定額一時金給付タイプの医療保険

詳しくはこちら
資料請求はこちら

お受け取りがわかりやすいシンプルで幅広な定額一時金給付タイプの医療保険

詳しくはこちら

資料請求はこちら

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  健康と医療 >  病気と介護 >  脳梗塞の前兆