MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護予防と健康維持 >  介護が必要になりやすい病気・症状 >  くも膜下出血の症状

くも膜下出血の症状

くも膜下出血の症状

「頭をバットで殴られたかのような」と表現されるほど、 強い頭痛を感じます。

 脳動脈瘤が破裂して出血すると、激しい頭痛に見舞われます。「頭をバットで殴られたかのような激しい頭痛」と表現されることもあり、今まで経験したことのないような激しい頭痛と言われます。

 また、激しい頭痛に加えて、嘔吐を伴うことが多く、このような症状が現れた場合は、真っ先に、くも膜下出血が疑われます。重篤な場合は、発症直後に意識障がいや呼吸停止してしまうことも多く、非常に恐ろしい病気と言えます。

 さらに恐ろしいのは、くも膜下出血を発症後数日~2週間以内に、脳の血管が縮んで血液の流れが悪くなり、血流が途絶えて「脳梗塞」を併発してしまうことです。これは「脳血管攣縮」と呼ばれ、脳梗塞の症状も発生します。意識状態が悪くなったり、話すことができなくなったり、身体に麻痺が発生したり、さまざまな症状が出る可能性があります。

くも膜下出血の主な症状

MY介護の広場トップ >  一般のみなさま >  介護予防と健康維持 >  介護が必要になりやすい病気・症状 >  くも膜下出血の症状